topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨台風 - 2012.06.19 Tue

アーケード

ついさっき台風4号が和歌山に上陸したそうな。


この時期の台風は梅雨前線を刺激するから程度が悪い。
地元官公庁からは緊急災害に備えて待機要請が入った。

生活に支障をきたすほど雨量が上がらなけりゃいいけどな。


記録では6月に台風が上陸するのは2004年以来だそうだ。

上陸していらんけど。。。


ちなみに、写真は本文とはなんら関係ございません。(^^;

美渓 - 2012.06.15 Fri

美渓

ジムニーで森林浴ドライブへ出かけた道中にこんなとこへ寄り道。


古民家を改築した店舗、美渓。
美渓

場所は道の駅美山からR162を挟んだ筋向いにある。

ここへ登場するんやから、もちろんラーメンを提供する店なんやけど、
ラーメン屋というわけでもない。

カテゴリーでいうとレストラン。
メニュー構成はコンパクトに、ラーメンとカレーとハンバーグにサラダ。
食事をするところが少ないこのエリアでは重宝されるのかな。

美渓

でも、近くの沿道に「美山ラーメン」って幟が立てられてるからラーメン屋のくくりになるか。


んじゃラーメンを、と思ったけどカレーもおススメらしいので
ラーメン・カレー小丼セット  950円
美渓セット

醤油ベースの豚骨風味のスープ、見た目は味噌っぽいけど。
野菜も煮込まれてるのかなぁ・・・

酷評になるけど、ちょっとぼやけた印象でこれというインパクトがないスープ。
チャーシューはうまいけど、ラーメンとしては至って普通。
これを食べることを目的に行かなくてもいい・・・って感想。>個人的主観

美渓カレー
カレーはちょいとスパイシーな味付けで、
ラーメンに比べるとこっちのほうが旨い度は高いかな。
食べるならカレーのほうがおススメ。


店主の方は物腰低くて客対応もすごく丁寧で好印象。
でもラーメンはちょっと残念な仕上がり。
近辺に競合店がないとはいえ、もっと頑張ってほしいと希望する、そんな店。

今後に期待・・・かな。

美渓

なんせホンマにこの辺りで食事を摂れるところが少ないから。。。



店 名  美渓
住 所  京都府南丹市美山町安掛寺ノ下8-3
電 話  0771-75-1539
時 間  11:00~20:00

らの道 - 2012.06.14 Thu

こんなん見つけてしもた~

らの道

関西名店スタンプラリー

参加13店舗のラーメンを食べて巡るスタンプラリー形式のイベント。

らの道

詳細はここをご覧くだされ →  の 道


どれをとっても名立たる名店ばかりだよ。



ん~、参加すべきかどうか悩むところだ。
範囲が多岐にわたっててウチからじゃ遠すぎる・・・

森林浴をば - 2012.06.13 Wed

梅雨入り前の森林浴ドライブ 

ジムニー

天気のいい日は山へ行こう!

てくてくトコトコ走るのも気持ちのいいもんだ♪
ジムニー


ひと山越えればかやぶきの里。

ジムニー

こいつにゃのどかな景色がよく似合う。(^^)


帰りにゃこんなとこへも寄ってみた。
美山ハム

美山おもしろ農民倶楽部
無添加で手造りのハム・ソーセージを販売してるとこだ。

美山ハム

通常のハムやソーセージだけでなく、
ベーコン、鹿肉、豚肉、野菜にケーキといろんなものが売られてる。

美山ハム

手造りなんで、ちょいとお値段は張るけど。


美山ソーセージ  道後beer


仕入れたソーセージと道後ビールで至福のひととき 


そんな日曜もいいもんだ♪

京都 龍旗信  再訪 - 2012.06.12 Tue

龍旗信

桜の咲く頃のハナシ、
前回ここを訪れてから約半年ぶりの再訪になる京都 龍旗信。

龍旗信

                           龍旗信
                           やかんのお茶がなんともいえずオシャレだ♪


ここは”塩”がウリの店、
はじめて来たときもその”塩”を堪能しようと考えていたのに、
夏の限定メニューに魅かれてそっちを選んでしまった。

だからこのときは”塩”狙いで、

鶏塩ラーメン  800円
龍旗信とり塩
塩だからあっさりと・・・・・と思いきやなかなかどうして、
鶏の旨みも相まってしっかりした味付けになっている。

ミズナとすだちがアクセント♪
龍旗信とり塩


塩つけ麺(300g)  800円
龍旗信つけ麺

塩のつけ麺ってどうだろ?
って思ったけど、こっちもおいしい♪
龍旗信つけ麺

濃厚魚介もインパクトがあっていいけど、塩のつけ麺もさっぱりしておいしい。
チャーシュー代わりの鶏肉がまたうまいんだな。

で、こっちはレモンがアクセント。


最近のつけ麺はクオリティが高いぞ♪



店 名  京都 龍旗信
住 所  京都市中京区蛸薬師通麩屋町東入蛸屋町157-11
電 話  075-256-2279
時 間  11:30~15:00 17:30~0:00

軽井沢での仕入れモノ - 2012.06.11 Mon

スタビリンク

軽井沢ミーティングで仕入れたブツ、
NOPROのショートスタビリンク。


ロードスターに車高調を組んでからずいぶんと時が経ち、
その頃からスタビリンクを替えなきゃと思いつつ今に至ってしまってた。。。

その間、ずーっとスタビがバンザイしてる状態で。(^^ゞ
これでようやく通常の状態になる。


ま、交換したことによる違いがわかるほど優れた感性も持ち合わせちゃいないけど。(^^;


このブツ、今年の軽井沢ミーティングを待って購入。
軽井沢へ参加してるヒトにはお解かりだろうけど、
軽井沢価格で通常よりもお安く買えるからね♪

AutoExeからもリリースされてるけど、そっちのはバカ高・・・
軽井沢価格でもNOPROより数万円高い。
そんなのいらない。。。


はてさて、どんな走りを見せてくれるか期待を大に♪

麺屋 たけ井 - 2012.06.10 Sun

昨日、近畿・東海と梅雨入りが発表された。
一年を通じて冬の次に嫌いな季節がやってきた。

そんな入梅の日、ブルーな気持ちにめげずにちょいとドライブ 


行き先はピィさんブログで拝見してから気になっていたところ

麺屋 たけ井
たけ井
京都の城陽にあるラーメンとつけ麺の店。

ここへオープンして1年半ぐらいになるんかな、
あちこちのフェアなんかに出店されたり、精力的に営業しているイメージの店。

たけ井

R24号沿いに立地している店舗はこじんまりと和風な造りで、
カウンターのほか小上がりのテーブル席が3卓。

最大キャパは17人やけど、グループ数で言えば4~5組ぐらいだな。
だから混雑時は結構待たされると思う。

このときも待機だけで先客が4組ほど、で25分ぐらい待たされたかな。
待っている間に順次食券を購入することを指示される。
たけ井

食券先渡しで、席に着くとほどなく注文したものが提供される。
外で待ってる時間は余分やけど、そのあたりはうまく回してる感じだ。


ラーメンとつけ麺があるけど、ここはつけ麺が旨いってハナシなので
つけ麺 並(280g) 850円
たけ井つけ麺
丁寧に盛り付けられた麺が食べる前から期待を大きくさせる。
麺だけを食してみると、もちーっとした食感でのどごしがよくて、小麦の風味がほどよくて旨い。


つけ汁は濃厚豚骨魚介。
たけ井つけ出汁
魚介風味の強いかなり濃厚なつけ汁なんやけど、柚子があしらわれていてクドさを感じさせない。
写真には見えてないけど、極太のシナチクと旨いチャーシューがつけ汁の中に隠れてる。

これ、かなーり旨い。

普段はあまりつけ麺は食べないけど、これだけ旨いとつけ麺もアリね。
超おススメ♪

つけ汁ももちろん旨いけど、なによりも麺が旨いってのは大事な要因だ♪
魚介風味がかなり強いから、魚介が苦手じゃなかったら超おススメのつけ麺。


最後はスープ割をいただいて終了~
たけ井スープ割り

これだけうまいならラーメンも食べてみたいやな。




店 名 : 麺屋 たけ井
住 所 : 京都府城陽市観音堂甲田48-2
電 話 : 0774-55-0900
時 間 : 11:00~15:00
定 休 : 第2、第4火曜日

大涌谷~箱根スカイライン - 2012.06.09 Sat

大涌谷

箱根関所跡で歴史探訪を満喫した後は、元箱根経由で芦ノ湖東側を北上、
大涌谷へとクルマを向かわせた。

これまた自身初の大涌谷訪問☆
大涌谷

これまでに得ていたマスメディア等々からの大涌谷情報からすると、
かなり広ーいエリアから硫黄のガスと蒸気がモクモクと立ちこめて・・・

というイメージやったけど、思ったよりもそのエリアがコンパクトやった。
大涌谷

そんなところに人が集まるもんやから、駐車場からのヒトの列が延々と。。。
日曜ということもあってか、かなりの混雑ぶりやった。

大涌谷

『約3000年前の水蒸気爆発で生まれたこの地では現在も火山活動が続き、
 地表から噴き出す蒸気を間近にみることができる。』

なんて紹介されてたりするんやけど、実際はプチダイナミックって感じ。

大涌谷

ヒトの波に呑まれつつ、その他大勢と同じくして行けるところまで進んではみたけど、
あぁ~ん、こんなもんね・・・
ってな感想。

そんな大涌谷。
大涌谷


そんななかで、押さえておかなきゃいけないのがこの黒玉子。
大涌谷黒玉子
硫黄泉でゆでる黒玉子。
温泉につけることで殻の表面に鉄分が付着、それに硫黄水素が反応し黒くなるそうだ。
これがけっこう旨いのよ♪

1個食べれば寿命が7年延びるというふれこみで、お値段が5個で500円ナリ。
ここでしか売ってないってことで観光地価格、ちょっとお高め。
しかもバラ売りはしないんだと。

5個食べれば35年長生きできる。。。
ん~、有難いんだか有難くないんだか。(^^;

でも味はおススメ♪  お塩もついてます。
大涌谷黒玉子

でもねでもね、ここの黒玉子茶屋の隣にある硫黄泉でゆでてるんやけど、
硫黄の匂いと卵の匂いとが入り混じって、まるでウ〇コの匂い。
その匂いが辺り一面に充満してるもんやから、そりゃあもう臭いのなんのって・・・

多くは語りませんが。。。



そんな大涌谷をあとにして、桃源台から芦ノ湖スカイラインへ~
芦ノ湖スカイライン

ここからは雄大な富士山が眺められ・・・




ぜんぜん見えへんやんけ。。。
芦ノ湖スカイライン
富士の裾野しか見えへん・・・

芦ノ湖はいつもきれいに見えてるのに。。。
芦ノ湖

結局は一度も富士の全容を拝むことは出来ず仕舞い。

かなーり天気予報を睨んで、晴れ間をチョイスして出掛けたつもりやったのに・・・
うまくいかないもんだ。


楽しみは次に置いとこ・・・
そんなこと思いながら、とっとと家路につくのであった。    ~fin~



(5月13日・箱根にて)

入鉄炮に出女 - 2012.06.08 Fri

芦ノ湖

TOYO TIRES ターンパイクを下りてきて、
芦ノ湖へ差し掛かったあたりで何気にナビを見ると、「箱根関所」の文字が目に入った。

なるほど、箱根の関所はこのあたりやったなってことで、ちょいと覗いてみることにした。

となればクルマをどこか停めなきゃいけない。
と思っていると、関所近くででっかい駐車場が目に飛び込んできた。

前車に続いて誘導されるがままに駐車エリアにIN。
するとやにわにつかつかとおっさんがやってきて「500円戴きます」って。


そこはでかい土産物屋の駐車場、「あいたたたー・・・」 やられた。。。
まんまと駐車料金をせしめられたよ。

まぁ、他に無料の駐車場があるかどうかも定かじゃないんで諦めたけど。



とまあ余談はほどほどに、本題の箱根関所。
ここは実際の関所跡に、当時の造作を完全復元してあるそうだ。
箱根関所

まずは京口御門から中に入る。
箱根関所
上方側にあるのが京口御門、
それに対して江戸側に設置されているのが江戸口御門。

箱根関所の概要はこんな感じね。
箱根関所概略


厩(うまや)
箱根関所

大番所
箱根関所

中央奥が江戸口御門、右が足軽番所、左が大番所
箱根関所

大番所内部にある面番所の様子
箱根関所
関所役人や定番人が詰めていて、部屋の前の縁側では「出女」の取調べが行われた。


ここ箱根関所跡施設内には、あちらこちらに人形が配置されているけど、どれも無色で仕上げられている。
着色するとそれぞれにイメージが作られてしまうのを懸念して無色展示にしてあるそうな。

なかなか細かいところまで考えて作ってあるんだわ。
逆に当時の色合いを忠実に再現することが難しいのかもしれんけど。


江戸口御門をさらに江戸側に進むと箱根関所の資料館がある。
資料館には当時の関所手形や関所破りの記録、武具類などが展示されている。

特別おもしろいってことはないけど、参勤交代の様子や江戸時代の刑罰のあれこれ、
「出女」の衣服改めのようすなどが展示説明されていて興味深い。

箱根の関所破りの記録は意外と少なく、5件6人しか記録に残ってないそうだ。
それはなぜかというと、人々を極刑から逃れさせるための温情措置があったから。
多くを「藪入り」として未遂犯は関所破りとして扱わず、
「藪入り」・・・つまりは道に迷っただけ、という解釈で小田原藩の藩境からの追放処分で済ませたとか。
「藪入り」は多くの人を極刑から救った箱根関所独特の政策であったそうな。

ちなみに資料館は写真撮影が禁止されているので写真はなし。
興味がおありの方は現地へ足をお運びを。(^^ゞ



(5月13日・箱根関所跡にて)

箱根の山は・・・ - 2012.06.07 Thu

箱根湯本

小田原城を後にして箱根方面へとクルマを向かわせるのであった。
自身、人生初箱根♪

ちなみにTOPの写真は箱根湯本の駅前、
ちょうど小田急ロマンスカーが入ってきたので一枚パチリとね。

箱根の町、そして箱根駅伝のルートなんかをサクサクっと流してTOYO TIRES ターンパイクへ向かった。

ターンパイク大観山線に入り早川料金所を抜けると、
そこから先は大観山まで一気に駆け上がっていくヒルクライムロード。

低いドライビングポジションから望む正面に見えるのは真っ青な青空。
天に向かって突き進むようでむっちゃ楽しい♪

ターンパイク

元来ここは「箱根ターンパイク」、5年ほど前に東洋ゴム工業とのネーミングライツにより
「TOYO TIRES ターンパイク」に名称が変更されてる。
ひと昔前のクルマ好きな方たちには「箱根ターンパイク」って名前のほうが馴染みがあるだろな。
自分もそうやけど。(^^)

ターンパイク

ターンパイクは箱根から小田原に続く尾根を基に作られた道路で、
その昔豊臣秀吉が 小田原攻めに向かう際にもこの道を通ったといわれてる。
そのためにターンパイク沿いの尾根は“関白道”と呼ばれ、
あちらこちらに小田原攻めに由来した地名数多く残っているそうな。


そして「TOYO TIRES ビューラウンジ」へ~

ここからは富士山の眺望が楽しめる


・・・・・はずやのに、見えへん。。。(><)
ターンパイク

天気はいいのに、空は青空やのに雲が多くて見えへん・・・

雲より下界の視界は良好やのに、富士山が見えへん。。。
雲の切れ間に冠雪した一片が見てとれる程度やった。ショック
ターンパイク
まぁ、芦ノ湖を眺めて我慢するか・・・

と、気を取り直して駐車場に戻ると、ちょいとレアなクルマたちに遭遇する。


エスハチ
S800  S800
これ、かなーり丁寧に手入れされていて、大事に乗られているのがわかるマシン。
シブい音を残して走り去って行った☆


コブラとジャガーEタイプ
コブラ  ジャガー
最近久しく目にしてなかったこの2台、どっちも今でも十分通用するデザイン。
どっちもかちょいー♪
コブラはモノホンかレプリカか判断できなかったけど。(^^)


富士山を眺められなかった鬱憤を、そんなトコで紛らわせつつ芦ノ湖へと向かうのであった。
芦ノ湖



実は初日の夕方にも箱根湯本駅近辺を訪れてて、ちょびっとだけ歩いてきたんだわ。
箱根湯本

翌日行動の下見を兼ねてね♪
箱根湯本


京都の某ブロガー氏過去に取材された施設もハケーン!
箱根湯本かっぱ天国



(5月13日・箱根にて)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。