topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松城(玉藻城) - 2010.05.28 Fri

GW四国紀行VOL.17

< 5月1日 >
積年の想いを遂げ、四万十川でのんびり過ごしているうちに夕暮れを迎えてしまいました。
当初の目的ではそのまま足摺岬へ、それから北上して愛媛県へ向かうつもりでした。

松山市内でホテルを探して、夜は顔見知りの店へちょいと飲みに。。。
なんて目論んでいたのに肝心のその日の宿が見つからない・・・どこもかも満室で空きがありません。

連休の最中に観光地なら当たり前ですやん、と自分でちょっと反省。
気ままな旅なので時間の制約はまったくないけど、ロードスターじゃ車中泊はできない・・・
そうかといって場末の宿には泊まりたくないし、あの手この手を駆使して高松にホテルをみつけました。

四万十市から須崎へ、須崎から高知道~高松道と乗り継いで一気に高松入りです。
ホテルに着いたのが21時過ぎ、その日は簡単に食事を済ませてバタンキューでした。

高知道



< 5月2日 >
この日も朝から快晴、ゆっくり寝てすごすのはもったいないのでまたまた早朝から行動です。

ホテルからほど近いところにあった高松城へ~
高松城艮櫓


讃州さぬきの高松さまは城が見えます波の上♪ と歌われている高松城は、
豊臣秀吉から讃岐一国を与えられた生駒親正によって、瀬戸内海に直接面した現在地に築城されました。
その後生駒家4代、松平家11代が居城した城跡で、全国でも稀な海城(水城)として有名です。

かつては城壁が瀬戸内海に直接面し、外濠・中濠・内濠の全てに海水が引き込まれ、
城内に直接軍船が出入りできる、水軍の運用も視野に入れた日本初の本格的な海城でした。

高松城


過去には3層5階の天守閣があり、要所には20の櫓があったといわれていますが、
現在では艮櫓、月見櫓、渡櫓、水手御門を残すのみとなっています。


艮櫓(うしとらやぐら)
高松城艮櫓


渡櫓
高松城渡櫓

石垣に継ぎ足しがあるのが分かりますが、
生駒家から松平家へ引き継がれたときに継ぎ足されたといわれています。


月見櫓
高松城月見櫓


鞘橋  二の丸と本丸を結んでいた唯一の連絡橋
高松城鞘橋


天守閣跡  
高松城天守閣跡
現在は工事中で、石垣と天守閣を復元する予定のようです。


海水導入門  
高松城海水導入門
現在でもお堀には海水が引かれ、ここの水門で水位を調節します。


お堀には「コイ」ならぬ、「タイ」が飼われているのにはビックリ!
高松城コイ


水手御門
高松城水門
江戸時代まではここは海に面していました。
藩主はこの門から小船で出て、沖に停泊する御座船に乗り換えて出かけたそうです。
この水手御門は直接海に向かって開く海城独特の門で、全国で現存するのはここだけとか。


三の丸には披雲閣という建物があります。
披曇閣
松平藩時代は政庁、住居として使われていましたが、現在は茶会や会議等に利用されるそうです。

披曇閣 披曇閣

披曇閣 披曇閣


現在の披雲閣は大正時代に再建されたもので、それと同時期に枯山水の庭園も造られました。
披曇閣

高松城月見櫓

現在は玉藻公園として広く親しまれている高松城、
私自身も海城というのを始めて見て興味津々でした。


天守閣が完成したら、また見に来なくちゃいけないな。。。

高松城艮櫓

(5月2日・高松市にて)

● COMMENT ●

鯛ですか

私は讃岐で生まれたのですが3才位まで住んでいたようですが記憶にありません。
お堀に鯛って初めて聞きました。
戦の時には食料になりますね。
海城というのも初めて知りました。
こうして色々うんちくを聞きながらお城を見るとおもしろい物ですね。
ラーメン紀行よりお城紀行の方が見ていておもしろいかも。

海城

知りませんでした、日本にこのような海城があったとは・・・!
何とも珍しい。海水の堀、まさかの鯛ですね。(^_^ゞ
それにしても城巡り、快調ですやん。この分なら100城達成も夢じゃないですね。
天守閣、秀吉なら3ヵ月くらいで建てたかも。(^▽^)

No title

堀が海水の海城って初めて知りました。
全国には他にいくつかあるのかな?

GWに飛び込みはやはり宿に苦労されたんですね。
私だったらいい機会と思って、ネカフェ泊初挑戦してみたかも(^^)

あ。ここまだだった(-o-;

松山城と高知城、それと岡豊城址、白地城址はみたんですけど、高松はなんとな~く近いからいつでもいいか・・・と思ったまま、まだ行ってませんでした。
なんか見てると段々魅力的に見えてきますんで、困ったもんだ(^^;
('';)ウーン 落ち着いたらまた巡ってみようかなー・・・。

1京都さま

おやおや、宇治のご出身でいらっしゃるのかと思っていたら讃岐でしたか。
3歳までは高松城のお堀で鯛と戯れ、その後は新潟・高田城下で少年期を過ごされたとは、今のお姿は世を偲ぶ仮のお姿ですな。(^^)
相当、徳のあるお方と見た!

各地各地でいろんな発見があるので楽しいです。
ラーメン紀行・・・・・ちょっととびきりのネタを考えますか。(^^;

路渡カッパさま

海城って珍しいですよね。
私もその存在を今回初めて知りました。
海水の堀に鯛、いや~、勉強になります。

お城巡りに想いを馳せて・・・・・

いやいや、エントリーはしませんから。(*o*)

りちゃさま

いつでもいけると思いながら、結局行かず仕舞いになっているところって、誰しも多かれ少なかれありますよね。
高松城もなかなかよさげですよ。
是非一度!

ピィさま

海城というものの存在は私も今回初めてでした。
ちょっと調べてみたんですがなかなかヒットしてこないんですよ。
ということは他にはそんなに存在しないのかもしれませんね。

この日だけは宿探しに苦労しました。
一泊ぐらいならどこでもよかったんですが、長旅の最中だったのでゆっくり横になりたかったのでホテルにこだわりました。(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/903-b42a4abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こがね製麺所~まるやうどん «  | BLOG TOP |  » 道の駅 とおわ

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。