topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海の名城・高知城 前編 - 2010.05.24 Mon

GW四国紀行VOL.13

高知城天守

高知は今、「龍馬伝」に便乗して市内のあちらこちらで坂本龍馬に関するイベントが開催されています。

GWの間は特にそれが顕著のようで、入場制限があったり交通規制がかかっていたり。

たとえば桂浜なんかもそう。

5/1~5/5の間はマイカー規制が掛けられていて、
『市内からシャトルバスで行きましょう♪』
なんて言われても、時間がもったいないからそんな気にはなれないし・・・

そんな理由で今回は高知市内のめぼしいところはスルーすることにしました。
次回の高知訪問の理由付けに置いておきます。

それでもとりあえず高知市を発つ前に、早朝の高知城を訪ねてみました。


追手門と天守
高知城追手門
お城は数多くありますが、追手門と天守が一緒に眺められるところは高知城だけだそうです。


追手門
高知城追手門

追手門は高知城の正門で、扉には立派な大肘壷がつけられています。
門の両側を大きな石垣で積み上げて、門前が升形状にしてあります。
これは的を阻んで石垣の上にある挟間塀の三方から攻撃できるようにしてあります。



石段

ここへ来てまず関心を持ったのが石垣と石段の規模の大きさ。
この石段は、攻めるのに上がりにくく守るのに下りやすい、丁度よい足幅に造られているとか。
先人の工夫が見て取れます。

石段より天守を望む
高知城



三の丸石垣
三の丸石垣

野面積みは自然石を積み上げた野面積みは一見すると乱雑な積み方に見えますが、
奥行きのある石を積み、隙間に小石や砂利で打ち込みハギが施されているので、
非常に堅固で排水にも優れた工法が用いられています。


三の丸より天守を望む
高知城三の丸より



詰門
高知城詰門

詰門は二の丸と本丸を結ぶ廊下になっており、侍の間、中老の間、家老の間があって
本丸を警固する武士たちの詰所がありました。


詰門からの天守
高知城天守


高知城にはいろいろな工夫が施されています。

これはそのひとつ、石樋
高知城石樋

石樋は排水が直接石垣に当たらないように石垣の上部からかなり突出して造られており、
その下には水受けの敷石を施して地盤を保護しています。
これは降雨量の多い土佐ならではの独特の設備で、他の城郭ではあまり見ることがありません。
高知城には16箇所に石樋があります。

これもそのうちのひとつ。
高知城石樋



忍び返し
高知城忍び返し

読んで字の如く・・・ですね。
石落しも併設されています。


とまぁ、ようやく二の丸手前まで上がってきました。

この辺で小休止、後編へ続きます。


(いえいえ、ネタを引っ張っているのではありませんよ。寄稿中に急遽来客が・・・・・)

● COMMENT ●

やっぱり

行かれたと思ってましたよ!意外とキレイなカタチで保存されてますね。
山内一豊の城、嫁さんは確か・・・仲間由紀恵でしたっけ?
龍馬伝紀行では、松平春嶽で福井県が出てきたり先週は山内容堂がらみで高知城が出てましたね。
それにしても色々戦略的に考えた城のようで特徴も多いようですね。
ここの石積みも穴太衆の仕事のようです。なかなかやりますね!
続きはいよいよ本丸、天守かな・・・タノシミ♪

なるほど

工法や構造の知識があるとお城も楽しめるんですね。
私なんかはお城を見ても 大きいな 凄いな 位しか感じませんが。

50年位前に新潟県の高田城の
外堀と内堀の間にある家に住んでいたことがあります。
鉄砲対策としてあえて石垣を築かず土塁にしたと聞いたのを
なぜか今でも覚えています。

ついに小分けアップの秘伝を会得されたんですね、お見事。

路渡カッパさま

想像していたより立派なお城でしたよ。
山内一豊の妻は千代、しかしそれも定かではないとか・・・
松平春嶽のことは・・・明日ちょっぴり触れます。(^^)
穴太衆の野面積み技法のこともご存知とは、さすが歴史に精通されてますね。
解説の必要ないじゃん。

1京都さま

いろんな視点で見ると、これまたいろんなことが見えてきます。
頭の悪い私は、この歳になって歴史の勉強をしている次第で。(^^/

1京都さまのご先祖は松平忠輝のご家老か何かだったんでしょうか。
1京都さまも真面目に生きていらっしゃれば入城できたかもしれないのに。
惜しいことをなさいましたな。(^^ゞ

>小分けアップの秘伝を
そう、回りにこれほどネタを引っ張る方々がいらっしゃれば・・・

いや、そうじゃなくって。。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/898-f76aacb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南海の名城・高知城 後編 «  | BLOG TOP |  » まゆみの店

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。