FC2ブログ
topimage

2019-10

平等院 - 2010.04.08 Thu

宇治川探訪のつづきです。


宇治の地へ足を踏み入れたのは、実は今回が初めて。

で、いつか一度は訪れようと思っていた平等院へ足を向けました。

平等院


橘島、塔の島と縦断してきたその流れで南門から入りました。

平等院

浄土院


門をくぐってすぐ左に見えてくるのが浄土院。

浄土院は浄土宗の栄久上人が平等院修復のために開創したお寺だとか。


そのまま進むと鳳凰堂が見えてきます。

鳳凰堂


これは後姿。


ぐるっと回って正面へ、10円玉でいつも見慣れたその姿がそこにありました。

平等院


鳳凰堂は藤原頼通によって平等院に建立された阿弥陀堂。

大きな特徴は、池の中島に建てられていること。
まさに極楽に浮かぶ宮殿のように、勇壮な姿を顕示しています。


でも思っていたより古めかしい感じを受けました。

勝手に、きれいな朱塗りできらびやかなイメージを抱いていたのかもしれません。
これまで目にしてきた写真がきれいだったのか・・・


でも、その歴史から考えるとこんなもんなんでしょうね。



鳳凰堂には時間制限のある予約制で入ることができます。もちろん有料で。

堂内の中央には金色の丈六阿弥陀如来坐像が端坐し、
周囲の壁および扉には九品来迎図、阿弥陀仏の背後の壁には極楽浄土図が描かれ、
左右の壁の上部には52体の雲中供養菩薩像が懸けられています。

当時の人々は鳳凰堂を地上に出現した極楽浄土ととらえていたそうですよ。


平等院


ちょっと離れたところから眺める鳳凰堂もなかなかオツなもんでした。


平等院 桜


このときはさくらまつりと重なったこともあってか大勢の人で込み合ってました。
平日ならこんなに混まないんだろな・・・


今度はオフシーズンにじっくり時間をかけて再訪したい。。。
そんなふうに思わせてくれる場所でした。

● COMMENT ●

鳳凰堂

やはり平等院も行かれてたのですね♪さすがにあそこはいつも団体さんで賑わってるようです。
桜が終わっても藤でも有名ですよ。・・・って、僕は入ったこと無いんですが(^_^ゞ
10円玉で見慣れてるんですか?僕は萬札の鳳凰で見慣れてるけど・・・

No Title

京都によく来られているjimmy.さんにとって宇治平等院が未踏の地だったのは結構意外です(笑)
なかなか広々していて風情もあって好きなところなんです(^^)

No Title

どの写真もきれいですね。平等院に行きたくなりました。
が、土日は周辺道路を含めて超満員だろうなあ。

路渡カッパ様

そうそう、大きな藤棚がありました。
フジの花が咲くころには、これまた見ごたえありそうですナ。
萬札???
田舎ではそんなもの見たことも聞いたこともありません。
後学のために100枚ほど送ってみてください。(^^)

ピィ様

考えてみれば、宇治の街に立ち寄ったのも初めてだったのかもしれません。(^^;
京都市内へはしょっちゅう出かけても、宇治あたりまでというとちょうど中途半端な距離なのかもしれません。

緑茶のふろく様

ありがとうございます。
緑茶のふ様に追いつけ追いこせが目標で。(^^)
なかなか穏やかでいい感じのところでした。
週末はオススメできませんけどね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/838-02e5e5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜並木 «  | BLOG TOP |  » 宇治川さくらまつり

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる