FC2ブログ
topimage

2019-10

空白の一日 - 2010.01.18 Mon

小林繁
(写真は時事ドットコムから借用しました)


昨日、元阪神タイガースの小林繁氏がお亡くなりになりました。

16日にはコーチとして所属する日本ハム本社の行事で東京へ姿を見せたその翌日、
福井市の自宅で朝から背中の痛みを訴え意識を失い、
救急車で病院へ搬送されたものの意識を取り戻すことはなかったそうです。


小林繁氏といえば「空白の1日」で知られる江川事件の渦中の人となったことで有名。


江川事件とは
 巨人が野球協約を無視して江川卓投手と入団契約を交わした事件。
 前年のドラフトでクラウンライター(現西武)の1位指名を拒否して米国留学していた
 江川卓投手が1978年のドラフト会議の前日に巨人と電撃契約。
 当時の野球協約では「翌年の選択会議の前々日」までに契約できない場合
 交渉権はその日で喪失すると謳われていた。
 前日はどこにも拘束されないことから「空白の1日」と勝手に巨人は解釈し契約を強行。
 セ・リーグ会長から「契約は無効」とされ、その年のドラフトでは阪神が江川の交渉権を獲得した。
 巨人は契約の優先を主張、コミッショナーは裁定で否定したが、
 その後「強い要望」として阪神と巨人とのトレードによる解決策を示した。
 結果翌年1月にドラフトで交渉権を得た阪神が江川と契約、
 同日夜に巨人の小林繁との交換トレードを成立させ、事件を収束させた。

 

この一件から当時はまだ中学生であった私のアンチ巨人度は更にアップ。

球界をリードしなければいけないポジションにありながら
他に有無を言わせないような巨人の強引なやり方に強い反感を持ったことは今でも忘れません。

未だにFAにかこつけて金にモノをいわせて選手を集める、
その球団の方針に疑問を感じているのは私だけではないと思います。



巨人から阪神へ移籍させられた小林繁氏は、その年に22勝を挙げて最多勝を獲得しました。
その不屈の闘志に感銘を受け、感動したのを覚えています。


重心の低い位置から繰り出される独特のサイドスロー、
その投球フォームが印象に残っている方は多いんじゃないでしょうか。


ご冥福をお祈りしたいと思います。

● COMMENT ●

当時中学の同級生で熱心な小林ファンの女の子がいました。
小林投手の移籍とともに巨人ファンから阪神ファンになっていたのを思い出します(笑)
あまりプロ野球に興味のない私でもよく知っている事件で、その後の小林投手の奮起ぶりには感心した憶えがあります。
口でなく実力で真っ当に意趣返しする意志の強さは尊敬の対象ですね。

とても、ビックリしました。

まさか、こんなに早くに・・・というのが正直な感想でした。
小林投手は、まさに苦学力行を地でいった方、という印象で、素質のなさを変則フォーム、数倍の駆け引きで乗り越え、一時代を築いた方、という印象をもっていました。
その経験は、多くの後人に伝わって行ってると思われますが、
「本当にすごいのは素質に恵まれた者ではなく、素質の不足を補うために弛まぬ努力をしてきたものである」という格言のとおりの人だった、と思っています。
ご冥福をお祈りいたします。

若いなぁ

巨人時代は散々やられてた気がします。あのドタバタで阪神入り、
移籍後の活躍は虎ファンにとっては、うえした違う嬉しいものでした。
でも今思えばプロとは言え、当事者達(江川も含めて)は傷ついたでしょうね。
だからこそジャイアンツってチームが好きになれない。
小林繁さん、福井市に自宅があるんですね、波瀾万丈の人生のようでしたが
まだこれからですね、57歳。僕とは2ヶ月ほどの違いです・・・
ご冥福をお祈りしたいと思います。 合掌

小林繁氏がジャイアンツ戦で見せてくれた魂の投球に感銘を受けました。
当時、中学生か高校生だった私。
「男の生きざま」を学んだような気がします。
惜しいです。

ピィ様

当時のあの事件で阪神ファンに(=アンチ巨人に)なった日とは多いんではないでしょうか。
逆にこういう読売のやり方を見ながらも巨人を応援する、そんな方々が信じられない気持ちでした。
そんな渦中にありながら、それをバネに奮起した小林氏はまさに尊敬に値しますね。

りちゃ様

私も驚きました。
小林氏は体もそれほど大きくなく、線の細いイメージをもたれがちでしたが、実際のところは余分のない鍛え抜かれたはがねのような、例えて言うなら針金を幾本も束ねたような筋肉をお持ちだったそうです。
それもあわせて考えると相当な努力の人だったんだということが想像できますね。

路渡カッパ様

小林氏はオフシーズンには福井市で「オールスター福井」という少年野球のチームのGM兼総監督という立場で子供たちの野球の指導にあたっておられました。
福井県内で、そしてあの事件を知る阪神ファンの私としては残念な気持ちでいっぱいです。
まだまだ活躍の場が待っていたでしょうに。
私もやっぱり読売巨人が大嫌いです。
ほんまにプロ野球界の発展を望むんであれば、もう少しまともな行動ができると思うんですが・・・

7駆様

まさに男の生きざまですね。
不屈の闘志と逆境を跳ね除けようとする精神は見習うものがあります。
移籍後のジャイアンツ戦8連勝は、見ていてもワクワクしました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/754-fbc53b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

体調不良 «  | BLOG TOP |  » TV電話

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる