FC2ブログ
topimage

2019-12

お水送りの寺 若狭神宮寺 - 2007.11.26 Mon

この神宮寺、奈良東大寺の二月堂のお水取りに先掛けて、毎年3月2日に行われるお水送り神事が有名です。

若狭遠敷を生誕の地とする東大寺の開祖・良弁僧正は、二月堂を創建して修二会を始め、全国の神々を招待しすべての神々が参列されたのに、遠敷明神だけが約束の期日に10日遅れて参列。そのお侘びとして若狭から二月堂の本尊へのお香水(こうずい)を送る約束したのが始まりとされます。


境内にあるこの井戸から汲んだお香水は遠敷川の鵜の瀬まで運ばれて流され、10日後に東大寺に届くとされています。

神宮寺井戸 
神宮寺井戸

内部にある閼伽井戸。ここからお香水が湧いている。
神宮寺井戸



神宮寺より約1kmほど遠敷川をさかのぼった所にある鵜の瀬
鵜の瀬

毎年、ここから二月堂の若狭井に向かって、お香水が送られます。

神宮寺鵜の瀬

若狭井の水源がこの鵜の瀬で、水中洞窟で繋がっているといわれています。
それがこのあたり。

神宮寺鵜の瀬



その昔から現在に至るまで続けられてきた二月堂の修二会と、それに深く繋がっている若狭神宮寺。 

かつて若狭・小浜から奈良へと伝えられた大陸文化や歴史の足跡がみてとれ、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な伝統行事を大切に継承していって欲しいと思います。

● COMMENT ●

若狭から奈良へ、お水が送られる・・・
そんな由緒由来というか伝説なんでしょうが、
初めて知りました。面白いものですね。
>大陸文化や歴史の足跡がみてとれ
古来に思いを馳せると、色んなことが見えてきて
興味深く楽しいものですね。

路渡カッパ様!

普段気にとめていない所でも調べてみると面白いことがいっぱい!
このお寺はお水送りがあまりに有名で子供の頃から知っていましたけどね。

追記~
二月堂へお香水を送ったときに、その泉と一緒に白と黒の鵜がとび出したので「鵜の瀬」というようになったそうです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/62-6b7267bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国宝 明通寺 «  | BLOG TOP |  » 紅葉探訪 若狭神宮寺

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる