FC2ブログ
topimage

2019-12

松山散策 - 2007.11.18 Sun

城下地図

松山城をあとにして市内を散策。
景観を考えて整備されたきれいな街並みがあちこちに見られます。
ロープーウェイ通り


市内を走るのは日本では数少なくなった路面電車
旧型路面電車
これは旧型で、最新型はこんなの
路面電車

でも松山といえばやっぱり坊ちゃん列車坊ちゃん電車

ほかの車両より乗車賃が200エン高いようです。
趣きがありますね。
現在の車両はディーゼルエンジンで、煙突から出ているのは蒸気を煙に見たてたものだそうです。
環境にも配慮してますね。

ほかにも市内を走るマドンナバスなんてのもありました。
マドンナバス



松山といえば道後温泉
道後温泉
道後温泉

なんか「湯ばぁば」がでてきそうな佇まい。
時間の都合で入館はできませんでしたが、神の湯、霊の湯、外湯に椿の湯、放生湯という足湯があるようです。
次に来る機会があったら温泉情緒にどっぷり浸りたいと思いました。


今年の4月にオープンした坂の上の雲ミュージアム
坂の上の曇

松山の街全体を屋根のない博物館とするフィールドミュージアム構想の中核施設で、松山出身の秋山好古・真之兄弟、正岡子規の3人の足跡やその時代の流れや、街づくりなどに関する情報などが紹介されています。
司馬遼太郎著の『坂の上の雲』が2009年からドラマで放映されるそうで、今秋からロケが始まるようです。


松山市街地にある伊丹十三記念館。
伊丹十三

伊丹十三の生き様や人生観、作品に対する想いが見てとれます。
中中
中

それより気になったのが、コレ
ロールスロールス

ベントレー、しかもコンバーチブル。
ロールス

車好きで知られた彼が最後に所有していたのがコイツだそうです。


鯛めし・たこめし・あなごめし、いわずと知れたじゃこ天などなど・・・美味しいものもたくさんあり、まだまだ時間をかけて廻ると見どころいっぱいの松山ですが、今回はここまで。
帰りは高速を飛ばし、瀬戸大橋をわたって帰路につきました。
北備讃瀬戸大橋
岩黒島橋



● COMMENT ●

ベントレーのコンバーチブル

後ろの席で、手を振っていたいな>狙撃されそうやけど

坊ちゃん列車は乗ったけれど、マドンナバスは知りませんでした。
レトロな乗り物って遊園地みたいだけど、なんか人間味があってホッとしますね。
また行きたくなりましたよ(^_^;

路渡カッパ様!

ベントレー・・・私には無縁ですね。^^

マドンナバス~街で見かけるまで存在を知りませんでしたよ。あわててカメラを向けました。
新しいものと古きよき時代のものが、上手く調和されていていい街でしたよ、松山。
また訪れてみたい気分にさせてくれました。夜の街もねv-272


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/57-97b86938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冬将軍到来! «  | BLOG TOP |  » 松山城

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる