topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朱家角 - 2009.05.24 Sun

朱家角(シュカカク)

朱家角


白壁と瓦屋根で造られた民家が建ち並ぶ、昔ながらの街

朱家角

一般の人が普通に生活する民家の集落でもあり、
裏には水郷が流れています。

朱家角

放生橋
朱家角



上海から車で約1時間のところにあるこの街、朱家角。

手漕ぎ船に乗って水郷観光です。

朱家角

朱家角
中央に流れる運河沿いに白壁・黒瓦の家並みが連なり、のどかな風景が楽しめます。

明・清の時代には水上交通による商業の中継地として栄えました。
その歴史は三国時代にまでさかのぼるそうです。

朱家角


街へ入ると狭い道の両側には商店が軒を連ねています。

朱家角

中国雑貨を売る店、漢方薬を売る店、亀を売る店、臭豆腐を売る店、中国野菜を売る店 etc
いろんなお店が狭い路地を埋め尽くしています。

朱家角

ここを歩いていると、古き良き中国にタイムスリップしたような感覚になります。
ものすごくゆっくり時が流れているような気にもなります。


中国的情緒豊かな情景をたっぷり満喫できるところでした。

朱家角


昨年秋まではここへ入るには入村料が必要だったみたいですよ。


● COMMENT ●

へえ~

三国時代で上海のそばということは呉の国の都市として誕生したのでしょうか。
水路で観光とはまるでベニスですね。
行ったことありませんけど(笑)

反日デモの記憶がまだ残っていてなかなか行きたいと思えない国なんですが、こういう雰囲気だと良さそうに思えますね(^-^ )

いいですねぇ~

ゆっくり時が流れてる・・・
近代化なんてしなくても、人の暮らしは幸せかも知れません。
環境汚染も産まれないだろうしね。
戻るに戻れないだろうけど・・・そんなことを考えてしまいますね。

ピィ様

蘇州にも拙政園という水郷のある街があるようですよ。
現地ガイドによると、ここは上海のベニスとか上海の柳川とか呼ばれているそうです。

観光地では対反日という一面は感じられないので、楽しめますよ。

路渡カッパ様

時を忘れさせるようなのんびりとしたところでしたよ。
ただ、日本人相手にばったもんを売りつける売り子の多いのには辟易しましたけど・・・

写真でもわかりますけど、水の汚さといったらもう大変なもんです。
それこそ元のきれいな川に戻すことなんて夢のまた夢なんでしょうね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/510-328b870a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

田子坊 «  | BLOG TOP |  » ふくちあんラーメン

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。