topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋○竹 - 2009.05.29 Fri

麺屋○竹

麺屋○竹

京都御所のちょっと南、堺町通りをちょっと下った竹屋町通りにあります。

関西圏のラーメン情報誌によく採りあげられているこのお店、
私も例に漏れず、その手の情報誌で所在を聞きつけました。


”麺屋○竹”・・・
ちょっと変わった名前ですが、私が思うに・・・丸太町と竹屋町
「まるたけえびすにおしおいけ♪」という京都の通り名の数え歌からつけたんでしょうか。

推測ですけどね・・・


店内は12~13席のカウンターのみですが、広めの造りなのでゆったり座れます。
厨房との仕切りは高くなく、それが広さを感じさせるのかもしれません。
麺屋○竹


壁にはこんなのも描かれています。
麺屋○竹


メニュー構成は、中華そば・背脂醤油・味噌そば・つけそばがベースになっていて
トッピングでバリエーションをつけています。

私が選んだのは背脂醤油
麺屋○竹 背脂醤油

まず目に飛び込んでくるのが、名前の入った海苔と分厚いチャーシュー。
このチャーシューは他では見ないほど厚みがあって、それでいてやわらかい。
そしてトッピングする前にバーナーで炙るので香ばしくておいしい♪

海苔の下にはメンマがたっぷり隠れています。


スープは店前の暖簾にも謳われているように魚だしがベース。
魚介系スープは、ややもするともの足りない感じのところが多いんですが、
ここのスープは、「うん、うまい」と思えるしっかりした味でした。

背脂醤油といっても、いわゆる京都ラーメンのそれほど背脂も多くなく
まったりした感じの背脂醤油ラーメンに仕上がっています。
麺も自家製麺のストレート、口当たりがよくスルスルっと喉を通っていきます。

隣で食べているオニーチャンの中華そばもうまそうだった・・・
次回はその中華そばを食べてみたい、と思っています。


ただ、営業時間が11時から16時まで、売切れ次第閉店ということなのでご注意を!
なぜかしら昼のみの営業で、夜間はやっていないようです。



店 名  麺屋○竹 (めんやまるたけ)
住 所  京都府京都市中京区竹屋町通堺町西入ル和久屋町101 e.ze御所南 1F
電 話  075-213-1567

● COMMENT ●

こんなお店があったとは知りませんでした。
分厚いチャーシュー、是非食べてみたいです。
お昼のみの営業ですか。
平日夜勤明けにトライだなあ(^-^ )

ピィ様

私が訪れたのが16時2分前、ぎりチョンでセーフでした。
トップの写真、営業中は暖簾が掛かっていますよ。
うっかりしていると見逃してしまいそうな店構えなので注意してください。
魚介系スープが苦にならない方ならここのラーメンはオススメ、美味しいです。
ハナシに聞くと”中華そば”のほうがおいしいとか・・・
ぜひお試しあれ!

また1軒

京都でのレパートリーが増えましたね。
お店の位置を確認しようと、GoogleMapストリートビューで見てみたら
・・・可哀想なことに(^_^ゞ 上の方しか写ってません。
裁判所の近くですね、とっちさんもご存知かな?
人気店のようですが、行列は出来てたのでしょうか・・・?
京都の通り名の数え歌までご存知だとは(◎_◎)
僕らより京都通なのでヮ!

本当は

福井の田舎にお住まいだと伺っていますが
本当は生粋の京都人なのではと言う疑惑がわいて来ました。
京都のラーメン事情はカッパさんより遙かに詳しいですね。


路渡カッパ様

裁判所から西へふたつめの通りにありますよ。
お昼の時間さえ外せばそれほど混んでないようです。
ここ、オススメです。

最後期のナターシャ・セブンの事務所が、かつてこの近くにあったんですよ。
あれは私が高校生の頃だったかなぁ・・・ちょくちょく遊びに行ったことを思い出します。
その頃から京都をうろうろしてました。(^^)

1京都様

私の住む所の歴史を紐解いていくと、京都のお公家さんが戦火を逃れて隠れ住んだことが始まりのようです。
その末裔の血をひく我々としては、京都のことに詳しくても不思議はないのかもしれませんよ。
あの陰陽師・安倍晴明の子孫の土御門家もわが町にあります。
毎年お正月に配られる暦、その暦の発祥は土御門家なんですよ。

>カッパさんより遙かに詳しい
カッパさんはカレーラーメンが本筋のようですから。(^^)

いつの間にやら

京都のラーメン屋にちょくちょく来られてますね。

カッパさんご指摘のとおり、ここは私の仕事(生活?)圏内です。
昔は夜8時ころまでやっていて、そのころはたまに行っていたのですが、
いつからか昼しかやらなくなって、昼間の時間は結構混んでいるので最近は行ってません。
私はどちらも食べたことがありますが、普通の中華そばの方が好みです。

とっち様

お嬢が大阪へ越してからは、京都へも訪れる回数が増えました。

裁判所が近くにあったので、もしや・・・と思っていましたョ。
このお店、以前は夜も営業されていたんですってね。
この日も営業終了時間に間に合うようにあわてて行きました。
クルマを置くのに苦労しましたけど。
やっぱり中華そばのほうが美味しかったですか・・・見た目もそちらのほうがおいしそうでした。

すみません、今気づきました

>堺町通りをちょっと下がった竹屋町通り

堺町通りは南北の通りですので、
正しくは、竹屋町通堺町西入る(竹屋町通りと堺町通りの交差点から西に入ったところ)ですね。
ちなみに、竹屋町通りは丸太町通りの一本南の通りです。

とっち様

なるほど、言い回しが少しまずかったようですね。
学習しておきます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/504-6dbba4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハンター «  | BLOG TOP |  » 上海紀行

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。