FC2ブログ
topimage

2019-10

桜吹雪ツーリング - 2009.04.14 Tue

花見ツー

桜最盛の日曜日、いつもの3台が集まりました。

お花見ツーリングの始まりです。


いつものようにいつもの場所へ集合、簡単にお昼を済ませ滋賀県へ向かいました。

花見ツー



最初に目指したところはココ
メタセコ

新緑前のメタセコイア並木

ここは四季を通じていろんな姿を見せてくれます。
葉っぱのない並木もまたオツなもの。。。

あとひと月もすれば青々とした新芽を付けて、また違った姿を見せてくれるでしょう。


そう、ここはマキノピックランド
ピックランド

ここへ来ればやっぱりジェラートは外せません。
ジェラート ジェラート

左からミルク、抹茶、ブルーベリー、バニラ・・・
ここのジェラートは、甘すぎずあとくちもサッパリしていてむっちゃ美味しい。



ジェラートとメタセコイアを満喫した後は奥琵琶湖へとクルマを走らせます。

奥琵琶湖

途中、湖岸でのワンショット
奥琵琶湖

対岸から望む海津大崎の桜並木
海津大崎

海津大崎は桜の名所として名高いところ。

ホントならここへ行けるといいんですが、悲しいかな休日は一般車両通行止め。
シャトルバスで行かなければならないんですよ。

まさに桜のトンネル状態の並木が続き、
オープン気分を最高に満喫できるロケーションなんですが・・・

そのシャトルバスもいっぱいのようでした。
あるいは対岸からの遊覧船で、湖上からの花見も乙かもしれない。

なんて思いながらクルマを走らせていました。



半ば渋滞気味の奥琵琶湖パークウェイを進みます。

いつもなら「しんきくさ~」 なんて思うんですが、この日ばかりは別、
そのトロトロのんびり走行が桜を眺めるのにジャストでした。

奥琵琶湖

つづら尾崎展望台からの眺望
奥琵琶湖より
ここも四季を通じていろんな表情を見せてくれますね。


桜吹雪にはちと早かったツーリング、
それでもいく先々で満開の桜を堪能できました。
シルエット


実はこのあと、安曇川の風車村まで湖西を流す予定だったんですが、
行楽の帰省客で南進方向がすっごい渋滞。

帰路に着くにはそのルートか、一旦北上して敦賀周りで帰るルートの2本。

乾坤一擲、敦賀周りのルートを走ることにしました。
それが大正解! ほぼ渋滞もなくスムーズに帰れましたョ。


風車村近辺の桜が見れなかったのが残念でしたけど・・・
(2009,4,12 奥琵琶湖にて)

● COMMENT ●

あれ?

帰りにラーメン食べなかったんだ…

不吉だ… 地震でもくるのかな…

風車村

もう2年前になるのかな、お花見プチツーリングしたのは・・・
ちょうど今ごろでしたね。
海津大崎は今が見頃のようですね、来週あたり桜吹雪?
オープンカーは通行可にしてくれたらいいのに(^_^ゞ
ボンネットの桜、さすが鏡面、綺麗に色まで写ってますね♪

ふ様

それには確たる理由があるんです。

琵琶湖北部近辺には、私たちを満足させるだけのラーメンを提供してくれるお店がないのよ。
だから地震の心配はごじゃいません。

路渡カッパ様

ちょうど2年前の今頃ですね~。懐かしいです。
さすがの海津大崎も、昨日今日の雨ですっかり散ってしまったようですよ。
奥琵琶湖パークウェイはちょうど散り始め、花びらがチラチラと舞う中でオープン走行を楽しめました。

ボンネット桜、きれいでしょ♪
汚れが花びらで隠されて。(^^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/465-a63e9645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無礼講 «  | BLOG TOP |  » 花換まつり

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる