FC2ブログ
topimage

2019-12

グラバー園 - 2008.11.24 Mon

グラバー園推理作家、内田康夫氏の作品に
「長崎殺人事件」というのがあります。

ルポライターである浅見光彦が
探偵の真似事をして難事件を
解明していく。
 
その殺人事件の舞台となったのが
ここ、グラバー園。


長崎観光では外すことのできない
ところですよね。


私自身、初の長崎市内訪問。
小説のイメージもあり、
どんなところか楽しみにして
訪れました。


 





まず最初に出迎えてくれるのが、大浦天主堂
大浦天主堂
日本に現存する日本最古の木造ゴシック様式教会で、
大浦天主堂の正式名称は「日本二十六聖殉教者天主堂」といい、
1597年に日本で最初に殉教した日本二十六聖人たちに捧げるために建てられました。

大浦天主堂
現在も恒常的に使用されているため写真撮影は禁止されていますが
側廊や高窓にはめ込まれたステンドグラスが綺麗でした。
なかでも正面祭壇奥に掲げられた『十字架のキリスト』像のステンドグラスが印象的☆



ここからは動く歩道を二連乗り継いで登っていきます。
動く歩道
グラバー園は丘の斜面一帯を公園化しているため、
この歩道が来訪客を最上部まで運んでくれます。


その途中からの長崎市内の眺め
グラバー園001
(クリックするとパノラマに)





グラバー園最上部にある、旧三菱第2ドックハウス
第2ドックハウス
ドックハウスとは修理のために船が造船所に入っている間、乗組員たちが宿泊した施設です。
明治29年に作られた典型的な西洋建築物で、上下のベランダを8本の柱が支えています。

第2ドックハウス

ベランダからは正面に稲佐山、眼下には長崎港が一望できます。
左手には三菱の造船所が見えますね。
グラバー園002
(これまたクリックするとパノラマに)


第2ドックハウス

当時の乗組員たちも、この池の鯉を見て心を休めたのでしょうか。
第2ドックハウス




この日の長崎はとても暖かかった・・・。私の住む福井県とは大違い!
既に初雪も観測されているというのに、この温暖さがとても羨ましい。
グラバー園

グラバー園


噴水の水しぶきも心地好いほどでした。
グラバー園

グラバー園




旧ウォーカー住宅
旧ウォーカー住宅
英国出身の実業家、ロバート・N・ウォーカーの次男ロバート・ウォーカー・Jrが暮らしていました。
内部の調度品は西洋風のモダンな感じですが、屋根から突き出した日本風のひさしなど、
日本を愛したといわれる彼の心情が伺えます。

旧ウォーカー住宅旧ウォーカー住宅 旧ウォーカー住宅旧ウォーカー住宅


旧ウォーカー住宅




旧長崎地方裁判所長官舎
旧長崎地方裁判所長官舎

現在ではレトロ写真館として営業されており、
当時の衣装を着て写真を撮ることができます。

旧長崎地方裁判所長官舎
ちなみに彼女たちは一般のお客さん。





かの有名なオペラ マダムバタフライを世界各地で歌い続け、
広く海外に日本婦人の美徳を紹介したオペラ歌手、三浦環の立像。
三浦環像

先に紹介した旧三菱第2ドックハウス内でも関連資料が展示されています。




旧グラバー住宅
旧グラバー邸
日本で最も古い木造西洋風建築とされ、国の重要文化財にも指定されています。

旧グラバー邸

旧グラバー邸

正面玄関を設けないクローバー型の建物で、当初は接客用の別邸として使用していたそうです。
旧グラバー邸


旧グラバー邸

スコットランド出身のグラバーは1859年、彼が21歳の時、開港と同時に長崎に来日。
グラバー商会を設立し、幕末の激動の時代の中、志士達を陰で支え、
伊藤博文らの英国留学を手伝うなど、若い人々への多大な援助を惜しみませんでした。
また明治以降は純経済人として、日本の近代科学技術の導入に貢献しています。

旧グラバー邸


旧グラバー邸


当時の晩餐の様子
旧グラバー邸

とても150年前の料理とは思えませんね。
旧グラバー邸

雑学・・・グラバーとビール

  明治16年、東京に移り住んだグラバーはビールの製造販売に乗り出し、
  「ジャパン・ブルワリー・カンパニー」を設立。
  これが国産ビールの歴史の始まりとなり、今のキリンビールの前身となる。
  キリンビールのラベルに描かれている「麒麟」は中国の霊獣で想像上の動物。
  そのラベルに描かれた「麒麟」の口ひげは、グラバーの口ひげをとりこんだ・・・
  という説があります。




園内にはほかにも旧リンガー住宅、旧オルト住宅、旧スチイル記念学校など
9館の由緒ある洋館がのこされています。





おまけ・・・

  グラバー園の敷地内の石畳にはハートストーンが埋められています。
  旧グラバー邸
  見つけると幸せになれるとか・・・




番外編・・・

  ここ長崎はボウリング発祥の地でもあるそうです。
  ボウリング発祥の地
  1861年6月22日にオープンしたそうですよ。
  
  当時はボウリングサロンと呼んだそうですが。


● COMMENT ●

異国情緒

長崎を訪れたことはありませんが、函館や尾道など坂が多い街が好きです。
尾道はともかく、函館、横浜、神戸、長崎そういった異国情緒な街に憧れます。

toga2様

異国情緒あふれる建造物や歴史がいっぱいのステキな街でしたよ。
斜面に並ぶように建つ家々が、これまたアンニュイな雰囲気作りをアシストしているようでした。
坂のある街、私も好きです。

おお、懐かしや

かなり以前になりますが、ハウステンボスに遊びに行った時に寄りました。
その前は修学旅行で・・・相当昔の話ですがw
随分じっくりと見学されたようで、僕らは気がつかなかったことがいっぱい♪
また行きたくなりましたよ。
寒い時期に九州に行くと、移住したくなります!
僕は宮崎に住みたい・・・夢ですけどね(^_^;ゞ

路渡カッパ様

私も行きましたよ、ハウステンボス。
当時の賑わいは大変なものでしたが、今は閑散としていますね。
イタリア村といい、長く続けるのは難しいようで・・・
今回は駆け足観光だったので、また機会があればもっとゆっくり見てみたいと思います。
見落としているところもチラホラ。。。
ブログを描いていると、そんなことにも気がつきます。

暖かそう・・・

こないだテレビで 「長崎の人は自転車に乗れない」 って、やってました、何でも坂道だらけなので自転車に乗る習慣が無いとかっていう理由でしたが・・

ホント?

福岡しか行った事が無い僕は、長崎と聞いて思い浮かべるものがムツゴロウくらいしか無い。
長崎が九州のどの辺にあるのかも、いまいち解ってないのは秘密だ・・・  ('▽`












ふっちゃん

その秘密、間違っても口外しませんからご安心を・・・たぶん・・・

自転車のおハナシ、まんざら嘘でもないようですよ。
自転車で走っているのは電車通りだけらしい、とかね。
すなわち平坦な場所がそれだけ少ないってことでしょうね。
今度福岡へ行かれた時に、ちょいと足を延ばして行ってみてくださいな♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/327-87245391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長崎歴史文化博物館 «  | BLOG TOP |  » 法人会・全国青年の集い長崎大会

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる