topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白川郷 長瀬家  - 2008.09.19 Fri

白川郷 長瀬家

合掌造り集落、白川郷

数ある合掌造りの中でも数件が展示、開放されています。
そのうちのひとつ、白川郷最大級の合掌造りの家屋を有する長瀬家を見学しました。

白川郷 長瀬家

5階建て600坪という大規模な合掌造りの家屋で、樹齢150年を越えるヒノキを柱に使用。
長さ11mもの合掌柱が5階建の合掌造りを支えています。

白川郷 長瀬家

一階、囲炉裏の間
白川郷 長瀬家いろりの間

一階は主に居住の場に使われていたそうです。
白川郷 長瀬家 縁

250年続く長瀬家は初代から三代目当主までが医者で、加賀藩前田家の藩医を勤めており、
当時(江戸時代)の医療器具が残され展示されています。

白川郷 長瀬家

二階、使用人の寝所 (天井が低く、中二階のような感じ)
白川郷 長瀬家 2階


三階から五階は養蚕などの作業場として使われていたそうです。

三階、生活用具などの展示
白川郷 長瀬家 3階

白川郷 長瀬家 3階

4階、養蚕関係の器具、農器具などの展示
白川郷 長瀬家 4階

5階、立ち入り禁止でしたが屋根裏の様子がうかがえます。
白川郷 長瀬家 5階

白川郷 長瀬家


入館料が大人300円、小人150円、開館時間が9:00~17:00となっています。

館内には茅葺屋根の葺き替え作業の様子が展示・説明されています。
直近では平成13年に村人や全国からのボランティア500人以上が集まり、80年ぶりに葺き替えたそうです。
一日で作業を終えなければならない、それは大変なものだったと想像がつきます。

一度実際にその大規模な作業を見てみたいと思いました。


次の葺き替えが平成93年頃・・・・・この世にいるわけないか~

白川郷 長瀬家

今現在もこの家の1階に居住の場を構えていらっしゃるそうですョ。



余談ですが・・・これからの冬~春に向けて、屋根裏や萱の中にはカメムシがたくさん潜み始めるはず。
寒いところを嫌って温かいところへと行きますからね。
たくさんどころか、カメムシの巣窟になってると思いますよ・・・(経験者談)
都市部にお住まいの方には想像できないでしょうけど。

悪寒が走るほど固まって越冬してますから。


(Photo : OLYMPUS E-510)

● COMMENT ●

五層建築

素晴らしいものですね。厳しい自然環境と対峙しながら合理的でもあり、
省エネ省資源、何よりも長持ち!温故知新、見習うものがありますね。

ところで何か神々しいものが住着いてるように思えたのですが・・・
カメムシじゃねv-12

先人の努力

生活の知恵、生きて行くための術ですね。
夏はともかく冬が厳しいでしょうから・・・
現代建築の家にはエアコンの室外機が見えたけど、かやぶきには無いように思いました。

カメムシは水のきれいなところにしか生息しないんです。
カメムシを見たら、そのあたりの水は自然の水ってことになります。
共存共栄、はしたくないですけど。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/255-59cb3ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

8番ラーメン «  | BLOG TOP |  » 世界遺産 『飛騨白川郷』

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。