FC2ブログ
topimage

2019-10

若狭の花街 - 2008.04.24 Thu

三丁町


三丁町
 福井県小浜市は昔から京都と深いつながりがありました。
 今でも日常のあちらこちらに京文化を感じることができます。



 ここ三丁町(さんちょまち)はいわゆる花街
 江戸時代には遊郭街として栄えました。

 
 
 この花街は、最盛期には30人を超す芸妓さんが在籍し
 料亭やお茶屋さんが隆盛を極めていました。




今も通りを歩けば、紅殻格子や出格子など、風情漂う家並みが軒を連ねています。

現在も、芸妓さんを有する料亭があり、路地には三味線の音が聞こえてくることもあります。



三丁町 酔月




この町で着物姿の芸妓さんに出会うと、祇園界隈を歩いているような気にさせてくれます。


三丁町


かつては26軒あった料亭も今は3軒

そのうちの一軒 『料亭 播磨』
三丁町 播磨


『料亭 たる井』
三丁町 たる井


もう1軒、『料亭 ながた』 があります。



時代の流れでしょうか、最近はここの夜の街を訪れる人も少なくなっています。

景気の悪化、平成の大合併による地方交付金の減少、
それに伴う公共事業の衰退化も影響しているのでしょう。

それにこのご時勢、官官接待が無くなったのも売り上げ減少に拍車をかけているそうです。

地方ほど公共事業に依存した生活を送っており
それに携わっている人の割合は都市部に比べて格段に高いのが現実。

確かに夜の街へ繰り出す回数は激減しました。


三丁町



宴会の洋式化やコンパニオンの進出で芸妓の需要も激減していると聞きます。

現に先の3月31日で小浜料亭事業協同組合が解散しました。
いまや芸妓の数も8人を数えるほどに・・・



今、ひとつの文化が終焉を迎えようとしています。


芸妓さんの年齢層は高くなるし、若い客層のニーズがなければ仕方ないんでしょうが
ちょっと寂しい気持ちも拭えません。

三丁町


でも、しっとりとした風情のあるいい町ですよ。



     三丁町 ちりとて

    ちなみに、ここでも朝の連ドラ 
    『ちりとてちん』 のロケが行われました。












     (Photo : OLYMPUS E-510)


● COMMENT ●

寂しいですね

風情のある良い建物ですね。町並みも何ともいえない趣が。
時代の流れとは言え、寂れて行くのは寂しいですね。
私は芸者さんやコンパニオンさんが居る宴には縁が無いですが、
今後も縁が無いだろうな。
それも寂しいのかも・・・

温故知新

路渡カッパ様!
年配の方の話を聞くと、若い頃に一度はこの界隈に連れて行かれたそうです。
数年前に宮川町で舞妓遊びをしましたが、情緒が感じられておもしろかったですよ。
三丁町もその流れを汲んでいたんでしょうが時代のニーズに応えられなくなっているんでしょう。
花代が高いので、景気の悪いこのご時勢ではおいそれと芸者遊びはできません。
ん~、昔はよかった・・・・・なんてね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/186-d3c82161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雫 «  | BLOG TOP |  » 桜の絨毯

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる