topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うるう秒廃止? - 2012.01.20 Fri

空港


新聞に「うるう秒を廃止に」って記事が出てた。


うるう秒ってのは何年かに1回、1日を1秒長くするというもの。

天体の動きに基づく時刻と原始時計の刻む時刻が0.9秒以上ずれないように
1秒を加えたり減らしたりする操作のことをうるう秒という。

その操作を行うのは、うるう年のように4年に1回と定期的なものでなく
不定期にそのときがやってくる。

近々でその操作がされたのは2009年の元旦やったかな。


その性質上、うるう年と違って挿入される時期が不定期でもあることから、
コンピューターの誤作動の問題等々、懸念されてるらしい。
原子力時計を使っているGPSにはうるう秒は適用されておらず、
混乱の原因にもなりかねないとの意見もあるそうだ。


ところが、数時間前には、
それらのいろんな課題を踏まえて今回はその廃止論を見送りに・・・
ってニュースが流れてた。

その議論は今後も続けられ、存続の場合も廃止の場合も2015年に正式決定がなされるそうな。

廃止論を唱えるのは米国やフランスや日本、
英国や中国やカナダは存続を主張している。


うるう秒が廃止されるとズレは100年で90秒に拡大し、
遠い将来には正午なのに日がまだ昇らないといった状況にもなることが考えられる。


ま、その頃にゃ生きちゃいないけど。(^^)

● COMMENT ●

何を優先するか?

天体の動き、天文学的に言えばうるう秒も必要なんでしょうね。
そもそも時間の観念って人間の都合で作ったもの、農耕に役立つように考えられたもの。
現代の経済活動の支障になってる場合の方が大きいのじゃ無いかな?
世界中の時計をグリニッジ標準時に合わせれば、時差は無くなるし日付変更も無し。
現在、世界共通のグレゴリオ暦も改正して、ハンキ=ヘンリー・パーマネント・カレンダーにするのも良いかも。
最初は混乱するだろうけど、もう地球規模で統一すべきじゃないかな。現代の情報社会、その速さを考えても・・・
市民の日常生活はローカル時間、旧暦を使う二重性も考えられる方法だしね。

お日さんが昇るとき起きて、沈む頃寝る。
そんなアバウトな生き方にあこがれる今日この頃。
ついに、悟りを開いた・・・かも

路渡カッパさま

いつの場合もそうですが、人間の都合でシステムの整備をして、
そして人間の都合で改変をして改正をして・・・
まぁ、人間が中心の世界やから当然といえば当然なんでしょうけど、
地域によって、国によって考え方も方向性も違うのがネックですね。
改善しようとしても、あっちを立てればこっちが立たず、
何をメインに考えればいいのか・・・

7駆さま

そうですよね、そんな生活に憧れます。
昼は昼、夜は夜、オンとオフはきっちり切り替えて、
残業なんて言葉のない生活がしたいです。

という今も残業中。(><)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/1513-0d12e8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日も寒いぞ «  | BLOG TOP |  » 残業続きで

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。