topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

律宗総本山 唐招提寺 - 2010.11.03 Wed

唐招提寺金堂


鑑真和上創建の名刹、唐招提寺。

約1ヵ月ほど前の事になりますが、平城遷都1300年祭を見学した翌日に参拝しました。

唐招提寺南大門

唐招提寺


日本に正式な戒律を伝えるべく来日を要請された鑑真和上、
伝法の場所として伽藍内で最初に整備された講堂は平城宮の東朝集殿を移築・改造されたもので、
奈良時代宮廷建築の唯一の遺構となっています。

平安・鎌倉・江戸・明治時代と過去4回の大修理が行われてきた唐招提寺金堂は、
平成10年から平成の大修理の為の調査事業、平成12年より「金堂平成大修理事業」に着手。
平成22年11月に10年におよぶ解体修理を終え落慶しました。

現在では内陣の盧舎那仏坐像、薬師如来立像、千手観音立像の国宝三尊が拝観可能になっています。


唐招提寺 金堂
唐招提寺金堂

唐招提寺金堂

ここ金堂に盧舎那仏坐像、薬師如来立像、千手観音立像の国宝三尊が納められているんですが、
当然のことながら写真撮影は禁じられています。


金堂より望む鼓楼と礼堂
唐招提寺金堂より


礼堂・東室
唐招提寺礼堂
南北に長い建物で、僧侶が起居した僧坊。


鼓楼
唐招提寺鼓楼
1階には和上将来の三千粒の仏舎利を安置していることから舎利殿とも称されています。


宝蔵・経蔵
唐招提寺宝蔵・経蔵
手前が経蔵で、奥のひと回り大きいのが宝蔵。
新田部親王の米倉を改造したものといわれ、日本最古の校倉様式です。



少し境内を巡ってみましょう。
唐招提寺

唐招提寺

唐招提寺



鑑真和上御廟
唐招提寺御廟

唐招提寺御廟


唐招提寺


建造物の偉容にも圧倒されましたが、手入れの行き届いた苔むした庭園にも感銘を受けました。

平城遷都1300年祭を見に行くよりも、古都の風情を堪能できます。(^^;



(10月2日・奈良にて)

● COMMENT ●

日本最古・・・

>建造物の偉容にも・・・
そうでしょうね、当時の日本は大陸から文化や技術をどんどん入れていた時代ですね。
それにしても修復に10年(学術調査も含めてでしょうが)、当時の技術力には驚きます。
奈良見物はこういうところの方が良いですね。

10年がかりの解体修理っていうのがすごいですね。
そこまで時間をかけてしっかりやすから、今後も100年200年と維持していけるんでしょうね。
こうした努力の積み重ねで未来の子孫達にもこういう文化が継承されていくんですよねえ(^^)

路渡カッパさま

これがホントの奈良見物、1300年祭を見ているよりも落ち着きます。(^^)
今の技術をもってして10年、当時は相当な苦労があったことが想像できますね。
例えばお城の石積みなんかもそう、重機もないのにどうやって作業したんだろ?っておもうことがいっぱいありますね。

ピィさま

調査事業を含めての10年、調査半分修理半分のような工程のようでした。
文化の継承とともに技術も継承され続け・・・ていくんでしょうけど、今の社会情勢、経済状況を見ているとどうなっていくんだろ、我々の子供の世代にはどうなるんだろって心配になります。

平安・鎌倉・江戸・明治に続いての平成の大修理、次回の年号は何になっているんでしょうかね。(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/1059-65df46d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

法相宗大本山 薬師寺 «  | BLOG TOP |  » 季節の変わり目

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。