topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本三名瀑 那智の滝 - 2010.09.19 Sun

三重県南部の探訪記、もうひとつ目的とすることがありました。

それはここ、那智の滝を訪れること。
那智の滝


三重県から県境を越え和歌山県へ、那智勝浦新宮道路を通って那智山を目指します。

昨年、一昨年と近くまで行きながら、時間の都合で寄れずにいた所、
今回和歌山県境まで足を延ばしたんでせっかくだからと。

過去にも訪れたことがあって・・・・・といっても、もうかれこれ20年ほど前のこと、
その頃の記憶をたどりながら足を踏み入れました。

初めて見たときのインパクトが強くて、期待を大にしての再訪です。




最初に向かったのは那智熊野大社。

近くの駐車場に車を預け、ここから石段を上っていきます。
那智大社

石段長いし・・・なんて思いながらひたすら上っていきます。
それだけで額から汗がポタポタと・・・


しばらく進むと、ようやく一の鳥居が見えてきます。
那智大社石段


一の鳥居をくぐって更に石段を上り
那智大社鳥居


またまた更に急な石段を上って二の鳥居をくぐると
那智大社石段


そこが熊野那智大社
那智大社

那智大社

那智大社


参拝を済ませて先へ進むと、隣は青岸渡寺。
青岸渡寺


熊野那智大社と那智山青岸渡寺、神社と寺院が隣接して建つという、
熊野三山中もっとも神仏習合時代の名残りを残しているところがここ。

明治時代に神仏分離令が敷かれ、もともと一体であった神仏習合の霊地に、
神か仏かを選択するように命じました。
那智でも神を選び廃仏毀釈を行い、いくつもの仏寺や坊舎が取り壊されました。
那智権現(熊野那智大社の古称)は「熊野那智神社」と称し、仏教・修験道を排した神社となりました。
本堂であった如意輪堂はその後神社側から独立、そして「青岸渡寺」と名付け、
天台宗の一寺として再興されたという歴史があります。


青岸渡寺から見る三重塔と那智大滝の遠望。
那智の滝遠景


その位置関係はこんな感じね
地図


青岸渡寺の三重塔
三重塔


さて、ここからしばらく古道を歩いて大滝へ向かいます。
石段   石段


熊野那智大社は滝を神とする自然崇拝からおこった社といわれています。

社伝には、神武天皇が熊野灘から那智の海岸「にしきうら」に上陸されたとき那智の山に光が輝くのを見て、
この大滝をさぐり当てられ神としておまつりになった、とあるそうですが、
それ以前から熊野の原住民が神としてまつっていたと考えるのが妥当なようです。

大滝には現在「熊野那智大社別宮飛瀧神社」が鎮座していますが、
神社とはいっても本殿も拝殿もなく、滝を直接拝む形になります。
社殿がないことからもこの大滝が御神体であることわかります。

那智の滝


那智大滝、一般には那智の滝と呼ばれるこの滝は「一の滝」ともいわれ、
その上流には「二の滝」「三の滝」があります。

滝の落ち口の岩盤に3つの切れ目があって、3本になって滝が落ちることから
「三筋の滝」ともいわれています。
那智の滝



落差133mの日本一の直瀑の那智大滝、世界遺産に指定されているのは広く知られたところ。

毎年7月14日に斉行される「那智の火祭」も有名ですよね。
次回はそれを見てみたいな・・・なんて思いながら那智山を後にしました。


ちなみに那智山中には48の滝があり、「那智四十八滝」と呼ばれているそうです。

那智の滝



(9月11日・和歌山県那智勝浦にて)

● COMMENT ●

ひえ~っ

那智さんまで足延ばされたんだ!

石段こんなに続きましたっけ?
何年も前のことなので記憶が曖昧なのか(笑)
もしかして間違って車道をひたすら歩いたのかも・・私

7駆さま

実はね、ここが第一の目的地といっても過言ではないかもしれない今回の旅でした。
いつも時間の都合で素通りしていたこの場所、今回は那智さん訪問をにらんで時間に余裕をもたせました。

石段のほかに青岸渡寺までアクセスする車道もありましたね、有料でしたけど。
暑かったせいもあって石段を歩いて上がったら結構疲れました。
そのあと滝の近くまで行って涼みましたけど。

No title

和歌山市に6年も住んでて、しかもドライブ、ツーリング好きだったのに、ここはなぜか一回も行ったことないんですよ。
勝浦を通過したことは2回ほどあるんですが・・・。
写真を拝見して、行っておけば良かったってつくづく思いますね。
滝の迫力も、あたりの街並みも良さそうですもんね(^^)

ピィさま

そうなんですか、和歌山市からなら数時間でしたのにね。
逆に近くにあるといつでも行けるって思うことがありますから。
さすがに度々話題になるだけあって雄大、荘厳な大滝でした。
いつか家族旅行で、なんてどうですか?(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jim8.blog80.fc2.com/tb.php/1013-5b022338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南三重スタンプラリー~最終ミッション «  | BLOG TOP |  » 絶景!熊野灘

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。