FC2ブログ
topimage

2010-07

こうのとり~但馬空港 - 2010.07.14 Wed

但馬空港


こうのとり但馬空港


新幹線や高速道路などがない高速交通網空白地帯であった兵庫県北部の
交通インフラの整備を目的として建設された空港で・・・

といえば聞こえはいいですが、多分に漏れず赤字経営とか。


一県一空港という施策の下に、各地各所にこぞって空港が造られ、
そしてこのご時勢にこの景気の低迷、そりゃ経営不振にもなりますわね。

国の航空行政の在り方にも大いに問題があったと思います。
J○Lの経営不振もなるべくしてなった状況だし・・・



などとグダグダ言ってても仕方ないので中を覗いてみましょう。

但馬空港ロビー

地方空港なのでこじんまりとした発着ロビー。
それでも4箇所あるチェックインカウンターを目にすると旅の気分をかきたてられますな。(^^)

待合室に売店にカフェ、ターミナルビル隣には兵庫県旅券事務所と、ひと通りの施設が整ってます。

但馬空港ロビー  こうのとり 


ただ悲しいかな就航路線が大阪空港(伊丹)の一路線のみで、午前と午後で2往復のみ。
運賃が12400円、先割で6900円のようです。

その運賃に対して近隣市町が助成する制度もあるようです。
ただし当該自治体に在住、もしくは在勤者に限られるようですが。

空港の稼働率と搭乗率、地元住民の利用率を上げるための方策でしょうね。

予算を投入してでも利用促進を図らないと存続を維持できないんでしょう。

巷では大阪空港さえも関西国際空港と統合させて・・・なんて話が出ていますが、
これからの航空業界はどうなっていくんでしょうね。

但馬空港エントランス



ここへ来た目的は、退役したYS-11の実機が展示されているから。

YS11


このYS-11は11A-500R型でYS-11の103号機、
YS-11といえば唯一の国産旅客機として活躍していた機体です。

展示機はANA機ですが、国内最後の運行は日本エアコミューター機だったかな。

YS11


生産当初は多くの問題点を抱えていたようですが、改良を重ね国内外で永く活躍したYS-11、
とりわけ国内では近距離輸送に大活躍でした。

本州と四国への連絡橋がなかった時代の四国への旅といえば船か飛行機、
まさに海外旅行の気分だったような気がします。

  YS11   YS11

  YS11   YS11


ここ但馬空港のほかにも

 ・佐賀県、佐賀空港
 ・岐阜県、かかみがはら航空宇宙科学博物館
 ・千葉県、航空科学博物館

等々で常設屋外展示され、間近で見ることができるようです。

YS11

(兵庫県・コウノトリ但馬空港にて)
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる