FC2ブログ
topimage

2010-07

成相山 成相寺 - 2010.07.06 Tue

五重塔


ちょっと前のおハナシ・・・

梅雨入りするずっと前のことですが、私が暮らす地区の旅行のハナシです。


毎年この時期に区民旅行なるものがあるんですが、今年の行き先は北近畿。
その道中で立ち寄った成相山・成相寺です。

成相寺

この成相寺は日本三景のひとつ天橋立を望む笠松公園の上方にあり、
そこから登山バスであがっていくことができます。

その運賃は往復で1100円・・・
ちょっと高いけど入山料(拝観料)500円が込みなので仕方ないかな。



最初に現れるのは 「撞かずの鐘」
撞かずの鐘

この鐘楼には物悲しい物語があります。

古い梵鐘に替えて新しい鐘を鋳造するため、近郷近在に浄財の寄進を募ったときのことでした。
裕福そうな家の嫁が「子供は沢山居るが寺に寄付する金はない」と険しい目で断りました。
そして鐘鋳造の日、大勢の人の中に例の嫁も子供を抱えて見物に来ていましたが、
誤って子供を坩堝(るつぼ)の中に落としてしまいました。
やがて出来上がった鐘をつくと山々に美しい音色を響かせました。
しかしその音色の中には子供の泣き声、母を呼ぶ悲しい声が聞こえ、
聞いている人々はあまりの哀れさに子供の成仏を願って、以後一切この鐘をつくことを止めました。

これが、「撞かずの鐘」にまつわる有名な伝説です。



成相寺


成相寺本堂
成相寺本堂

成相寺本堂


本尊の観世音菩薩は美人になれる観音様、美人観音ともいわれています。
成相寺本堂



本堂の右側頭上には左甚五郎の作といわれる「真向(まむき)の龍」の彫刻が掲げられています。
真向きの龍

真向きの龍
真向きの龍

聞いたところによると、このお寺の観光目玉になっているようですね。



成相寺


山門から本堂までの参道左側にあるのが五重塔
五重塔


この五重塔は「平成五重塔」とも呼ばれており、平成12年から着工し復元されたものだそうです。
道理で朱の色もはっきりしていて綺麗だと思った・・・

難を言うなら、塔前方の吹流しが掲げられているポールが景観的には目障りだな。



天気もよかったので、帰りは天橋立を眺めながらリフトで下りました。

ロープーウェイ


この成相山、紅葉の時期に訪れるとまた違った表情を見せてくれると思います。


~波の音 松のひびきも成相の 風ふきわたす天の橋立~



(5月16日・京都府宮津市にて)
スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる