topimage

2010-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアーパーク - 2010.06.30 Wed

エアパーク

エアパーク エアパーク


浜松市にある航空自衛隊広報館・エアーパーク


「見て体験して楽しむ航空自衛隊のテーマパーク」 という広報施設です。

エアパーク


館内は全天周シアター、展示資料館、展示格納庫に分かれていて、
航空機実機やパネル展示によって広報展示がなされています。



まずは展示資料館。

エアパークF2


かいつまんで写真で羅列説明します。


F-2戦闘機
F-2

エアパーク

                F-2


F-1戦闘機
F-1

F-1 F-1

F-1 F-2


ブルーインパルスの変遷
ブルーインパルス


航空自衛隊が保有する全航空機の1/32スケールモデル展示
模型 模型

模型 模型


対空2連機関砲
対空砲



展示格納庫

ここには過去に実際に活躍し、退役した実機が19機展示されています。
格納庫

格納庫

格納庫

                         格納庫

格納庫
 

このあとは全天周シアターへと進み、巨大な円周スクリーンで映像が流されます。

そのスクリーンが視点が近いうえに湾曲がきつく、
それがまた三半規管に逆らうように編集されているので船酔い状態。。。

ここはパスしたほうが身体のためには良いでしょう。



これらは自衛隊の活動を周知し理解してもらうために必要な施設・・・・・


とは私は思いません。

館内には自衛官と思しき職員がきびきびと仕事をする風でもなく歩き回っていたし・・・


いの一番に事業仕分けの対象となるべき施設ですな。


今回見学して感じたのは、これらの施設、配備に莫大な金額が掛けられているということ。
そしてそれに庶民の血税が注がれていると思うとやるせない気持ちでいっぱいになります。

憲法第9条を唱える国としては全くもって不要な設備だと思うんですが、いかがなもんでしょ。


軍事防衛費を大幅削減すれば国民の生活ももっと楽になると思いますが。
スポンサーサイト

舘山寺温泉 - 2010.06.29 Tue

さて、浜松での研修を終えたわれわれ一行は、その日の宿へと向かいました。

九重


どのみち宿泊は自腹なのでってことで選んだのが浜名湖畔にある、舘山寺温泉・ホテル九重


男4人のタマの出張、夜ぐらいは旅行気分にと純和風旅館にしました。
普段の喧騒を忘れて、ちょっと贅沢に温泉につかってのんびりするのもいいでしょ。

九重

                九重


建物自体は鉄筋コンクリート造だけど、内装は純和風。

九重

                         九重エントランス


外廻りも和にしつらえてあって落ち着きます。

九重庭園


足湯に浸かってボーっとするのもなかなかええもんですな。

                九重足湯



ホテルの部屋からの浜名湖の眺望。

湖畔に面して立地しているので眺めは最高♪
前日までに降った雨の影響で、少し水が濁っているのが残念でしたけど。

浜名湖

浜名湖


ホテル裏手には浮見堂があります。
九重浮見堂

                 九重浮見堂


この浮見堂は桟橋を兼ねていて遊覧船が発着します。
そして宿泊者には夕方出航のサンセットクルーズがサービスされるとか。

浜名湖


もちろん乗船です。


赤い橋は東名高速道路に架かる浜名湖橋
浜名湖


湖上から見る舘山寺温泉街
浜名湖


サンセットクルーズ・・・というにはちょっと日が高かったけど。。。
浜名湖


約20分の浜名湖遊覧、あっというまに帰港です。

船上からのホテルはこんな感じね。
九重浮見堂



さて、疲れた身体を癒しにお風呂 へ行きましょう。


ここは貸切露天風呂。

九重露天 九重露天

メンバーズラウンジ内にある露天風呂で、左手奥が女性用の『水神の湯』、男性は『竜神の湯』。
チェックイン時にラウンジを利用するための暗証番号をいただきました。
宿泊する部屋によって利用制限があるようです。

九重露天

九重露天

のんびりつかれていいお湯でしたよ♪



さぁ、お風呂のあとはお待ちかねの とお楽しみの夕食
この日は懐石が用意されました。

九重懐石 九重懐石

九重懐石 九重懐石

宴の後は館内の居酒屋で飲みなおし
引佐

となりゃ〆はやっぱりこいつでしょ。
浜名湖ラーメン

『浜名湖ラーメン』、鶏がらスープのしょうゆラーメン。
「浜名湖」といっても、特にうなぎのエキスとかが入っているわけじゃないそうです。

それでもスープにはこだわりがあって、毎日仕込む自家製スープだとか。
飲んだ後でもスッと食べられるあっさり美味しいラーメンでした。




翌朝は早起きして館内の大浴場へ・・・
(早起きってもワールドカップを観てたんやけど)


『大正浪漫の湯』 と 『遠州絵巻の湯』 があって、日替わりで男女が入れ替わります。

ここは遠州絵巻の湯、天竜杉をふんだんにあしらった純和風な浴場。

九重温泉

九重温泉

檜の寝湯や岩盤風呂、洞窟を模した露天風呂もありました。

自家源泉の「九重の湯」と舘山寺共同源泉「かんざんじの湯」の2つの温泉が、
個々の浴槽によって使い分けられています。



東海地区最大級といわれる天然温泉の沸く舘山寺温泉、いい温泉でした。

九重


なかでもこの「ホテル九重」、おススメです。


最後は旅館の宣伝みたいになってしもたけど・・・

コマーシャル料くれんかな。(^^ゞ

ひつまぶしもいっとこ - 2010.06.28 Mon

せっかくの浜松訪問、前日のうな重に感銘を受けた我々は、
更なる美味しいものを求めるべく、浜松駅前の老舗店を紹介してもらいました。


『 うなぎ 八百徳 』
八百徳


八百徳

 創業明治四十二年という老舗店なんですが、
 本店店舗が立派な自社ビル。

 裏手の駐車場にはベンツが2台収納してありました。



 うなぎでかなり儲けてんにゃろな~・・・

 なんてことを思いながら店内へ。










この日の目的はひつまぶし、メニューを開けるまでもなく注文です。


お櫃鰻茶漬け(おひつうなぎちゃづけ)  2,565円
八百徳お櫃鰻漬け



ひつまぶしはお重と違って、うなぎはお櫃に切り身で用意されます。

最初はお櫃よりお茶碗に取り、うな重風にそのまま味わいます。
二杯目は薬味をのせて熱々のお茶を注いでサラサラと戴きましょう。

八百徳茶漬け



薬味の量を調整するといろいろ味わい方を替えられます。
わさびをよく効かせたならば、そのツーンとした風味とたれの甘辛さがなんともいえない♪

ここで用意されるお茶は昆布だしのお茶で、それがまたうなぎの味を引き立てます。

海苔の香りと薬味の白葱、わさびの風味と昆布だしのお茶がほどよく調和している感じ。
これまた肝吸付きで美味しく戴きました。


こんな贅沢、しょっちゅうできねえな・・・



店 名  うなぎ 八百徳
住 所  静岡県浜松市中区板屋町655
電 話  053-452-5687
時 間  11:00~20:15

やっぱうなぎでしょ - 2010.06.27 Sun

浜松でのハナシ・・・


浜名湖といえばやっぱうなぎでしょ、

ってことで事前に情報を得ていたうなぎ屋さんへ~


『 うなぎ 志ぶき 』
志ぶき


結構な人気店らしくお食事時には時間待ちが常といううなぎ屋さん。
和風な落ち着いたお店です。

志ぶきメニュ  
 
 メニューも焼杉の板が使われていていい感じ。










 そのメニューの中身はこんな感じね。



             志ぶきメニュ
                   (クリックすると大きくなります。)



で、せっかくなので特うな重を注文しました。

志ぶき特重


駕籠型の二段お重を開けると、関東風蒲焼きと白焼きが鎮座しています。

志ぶき特重


白焼きは生姜醤油で、蒲焼きはちょっと辛めのたれで炙られてごはんにぴったり、うまいです♪

志ぶき特重


肝吸も付いて満足満足、とってもおいしく戴きました。

やっぱそのへんのレストランで食べるうなぎとは比べもんになりませんな。
そのぶん値段もはりますが。(^^;



店舗駐車場には「うなぎ地蔵」なるものも・・・
うなぎ地蔵

うなぎ顔のお地蔵さん、愛くるしい顔してました。

もちろんハリボテでしたけどね。



店 名  うなぎ専門の店「志ぶき」
住 所  静岡県浜松市西区舘山寺町2252-1
電 話  053-487-0153
時 間  11:00~15:00   17:00~20:00

加賀百万石 金沢城 - 2010.06.26 Sat

金沢城


加賀百万石、前田利家の居城であった金沢城。

正確には金沢城址で、現在では金沢城址公園になってます。


過去に4年間、学生時代をこの地で過ごしながら、ここ金沢城をゆっくり訪れた記憶がありません。
今回、高校春季大会の応援に金沢を訪れ、この機会にと金沢城を覗いてみました。



それじゃしばらく城内を歩いてみましょ。

石川門
金沢城石川門


三の丸
金沢城三の丸


湿生園
金沢城湿生園


橋爪門続櫓
金沢城橋爪門続櫓


橋爪橋からの石川門方向
金沢城橋爪橋から


五十間長屋
金沢城五十間長屋


1583年、前田利家が金沢城に入り本格的な城づくりが始められました。
1602年には落雷により天守閣が焼失、その後は天守閣は再建されず、
本丸には三階櫓、二の丸には御殿が建てられました。

1759年の火災で城のほとんどを焼失。
その後の再建では実用性を重んじ、二の丸を中心とした整備が行われ本丸の櫓は再建されませんでした。
現存する石川門は、1788年に再建されたものです。

金沢城

金沢城では「石垣めぐり」と称して、いろいろな石積みが紹介されています。

城内では「野面積み」「打ち込みハギ」「切り込みハギ」と、
いろんな工法の石積みが残されていますが大半が復旧されたもの。

現代の技法を駆使して積まれたんでしょうが、見た目にも現代然としているのが明らかなので
ちょっと風情に欠ける城跡になってしまっています。

同じ復旧させるなら、当時のままの姿になるように積んで欲しかった・・・
なんて考えるのは欲でしょうか。




金沢城の隣には岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並ぶ日本三名園の一つ、兼六園があります。
兼六園


江戸時代を代表する池泉回遊式庭園で、広さは約広さ約3万坪を誇ります。


とかいいながらも、兼六園は過去に何度か歩いているので今回はパスしました。
時間の都合もありましたしね。


もうちょっと歳を重ねたら再度訪れたいと思います。



(6月19日・石川県金沢市にて)

出張終わりに - 2010.06.25 Fri

焼肉


焼き肉で♪

2010-06-25 | 今日のちょっと | Comment : 2 | トラックバック : 0 |

出張 - 2010.06.24 Thu

ちょいと今日は出張へ…

浜名湖



ここは浜名湖です。

2010-06-24 | 今日のちょっと | Comment : 0 | トラックバック : 0 |

あいたたた・・・ - 2010.06.23 Wed

昨日のことでした。


しとしとと雨の降る夜、残業して帰宅して、お風呂を済ませて布団に入ったのが午前1時半過ぎ



あれやこれやと考え事をしていたらなかなか寝付けず、


それでもウトウトした頃に左の腕にちくりと痛みが・・・・・



嫌な予感がして飛び起きて、急いで電気をつけるとそこには


mukade


ムカデがいました。



どうも天井から降ってきたようです。


梅雨の雨だけでも嫌やのに、こんなもんまで降ってこなくても・・・



みるみるうちに腕は腫れていくし、ズキズキ痛いし、腹は立つし

なのにめぼしい薬はないし。(><)


でも逃がしはしません!


痛みをこらえながら写真に収めて、即効仕留めましたよ。



へへっ、ざまぁみろ!!

2010-06-23 | 今日のちょっと | Comment : 10 | トラックバック : 0 |

4駆納車 - 2010.06.22 Tue

こんなクルマがやってきました。

JA&40


ランクル40とジムニーJA11ね。


そう、缶コーヒーのおまけです。

食玩 WONDA


自身、四駆を所有していた時期もあって、コーヒーも飲めないくせに触手を伸ばしてしまいました。


こんなおまけって、その時々でディティールのいいかげんなものもあるんですが、
今回のものは割合にしっかりしていて、忠実に実車が再現されています。

それもそのはず、四駆専門誌の4×4 MAGAZINEの監修によるものでした。


ランドクルーザー40
40


1960年~1984年にかけて生産されたモデルで、
24年もの間、大きくスタイルを変えることなく造られました。

トラック用のシャーシやエンジンが用いられ、並外れた耐久性と優れた走破性を誇り、
「ヨンマル」の愛称で親しまれ、現在でも根強い人気を持っています。

40 40

1984年以降はランクル70、プラドと変遷していきます。
変り種では、現在国内生産北米仕様のFJクルーザーなんてのもあります。




ジムニーJA11
JA11


誰もが知る軽四駆の名車。
歴代のジムニーの中でもこのJA11はインタークーラーターボを搭載したモデル。
小型軽量なボディと、そのパワフルなエンジンを武器に荒地を駆け回ります。
現在でもあちこちで見かけることを思うと、根強い人気を持っているようです。

JA11 JA11



車種を変えて実車をいろいろと所有できるとおもろいやろけど、
この悪況の折、そんなことはできるはずもありません。

で、こんなもので自分の心を癒しているという次第で。(^^ゞ

2010-06-22 | ものブログ | Comment : 6 | トラックバック : 0 |

たまごかけごはん専門店 たわら - 2010.06.21 Mon

福井市にある、たまごかけごはんの店に行ってきました。


たまごかけごはん専門店 たわら
たわら


オープンは今年の2月26日と、開店4ヶ月のほやほやの店です。

土田鶏卵さん経営のお店で、たまごを食べて健康で笑顔になってほしいとの願いから
(た)べて、健康に(わら)えるように『たわら』と名づけたそうです。

たわら


店内は落ち着いた雰囲気で、テーブルの上には山盛りのたまごが待ち構えています。

たわら


そのたまごは3種類、ご多分にもれず食べ放題です。

たわら黄味の濃い卵
 『黄味の濃いたまご』

 名前の通り「黄身の色」と「味」が濃厚な卵。

 αリノレン酸が通常の3倍分含まれているそうです。









たわら米卵
 『米たまご』

 休田を利用して作られた食用米を餌にした
 
 鳥たちが産んだDHA・EPAが豊富な卵。









たわら地鶏卵
 『地養卵』

 大地の栄養分がたっぷりつまっているたまごの王様。
 
 生臭みが無く、甘み、コクがある卵。








どれを食べたらいいのか考えてしまいます・・・

なんて悩む必要は無い、ひと通り食べてみればいいんだから。



出し巻き定食  550円
たわら

これ出し巻き
たわらだし巻き


このお店にはこだわりの食べ方があるようで、

たまごかけはあまりかき混ぜすぎず、多目のたまごに少量のごはんでかきこみましょう。
その場合、どんぶりに直接かけずに、たまごを混ぜた器にごはんを加えましょう。
そうすると幾種類もの食べ方が楽しめます。


なんてレクチャーされています。


で、こだわりよろしくたっぷりのたまごに少なめのごはん、そしてジンジャーえのきを薬味に。

たわら卵かけ


う~ん、むちゃウマです。

家で食べるときは少なめのたまごにたっぷりのごはん
と、ちびった食べ方をしがちなのでとっても贅沢な気分。(^^ゞ



ここは薬味もバラエティーに富んでいて、
きざみ海苔・かつお節・昆布・ゴマ昆布・梅しそ・天かす・柚子みそ・
ニンニクチップス・ジンジャーえのきなどなど、選ぶのに迷うほどの種類があります。

たわら薬味


贅沢にこんな食べ方もしてみました。
たわら卵かけ


3種類のたまごをひと通り味わってみました。

凡人の私にはその違いなどわかるはずもありませんが、
おいしいことには間違いありません。


350円から定食が楽しめて、しかもごはんの量も結構大盛りなので十分満足。


なかなかいいね、TKG♪



ちなみに出し巻きはちょっと薄味でした。



店 名  たまごかけごはん専門店 たわら
住 所  福井県福井市開発8-6-1
電 話  0776-97-8105
時 間  10:00~19:00

2010-06-21 | おいしいもの | Comment : 6 | トラックバック : 0 |

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。