topimage

2009-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨に向けて - 2009.05.31 Sun

水防訓練

水防訓練やってました。


これからの梅雨の時期を前に、出水による災害を未然に防御するための訓練。
管轄内の消防署の指導の下に、地元消防団、日本赤十字奉仕団の地元支部が参加してます。

私も5年前までは訓練に参加してました。
地元消防団に15年、任期満了で5年前に退団。
なので訓練をやっていると、ちょっと気になります。


今回は土のうを使った、増水時の浸水防御工法の訓練のようでした。


今年の梅雨シーズン、訓練の成果を発揮する機会がないことを願います。



個人的にも雨が少ないほうが嬉しいし・・・
スポンサーサイト

ハンター - 2009.05.30 Sat

暖かくなって、うちのニャンコも行動に活発さが増してきました。

外へ出かけりゃ獲物を探し

モグラ


そんなある日、なにをじゃれているのかと思いきや・・・



相手はモグラ
mogura


ご丁寧に2階の階段の踊り場まで連れてきて(もちろん咥えて)見せてくれました。

mogura
(おびえてあせるモグラの図)


モグラもトンネル掘りの最中に拉致されたんでしょうね~
ちっちゃい5本指が土だらけでした。

おかげで踊り場も土だらけ・・・

モグラ

最初はどこからかチューチュー声がするので、
ネズミでもいるのかと思いきや、このありさま。


ま、かわいい娘のすること、許してあげましょう♪



その後はというと、食することもなく畑へ逃がしてあげた優しい娘でした。

麺屋○竹 - 2009.05.29 Fri

麺屋○竹

麺屋○竹

京都御所のちょっと南、堺町通りをちょっと下った竹屋町通りにあります。

関西圏のラーメン情報誌によく採りあげられているこのお店、
私も例に漏れず、その手の情報誌で所在を聞きつけました。


”麺屋○竹”・・・
ちょっと変わった名前ですが、私が思うに・・・丸太町と竹屋町
「まるたけえびすにおしおいけ♪」という京都の通り名の数え歌からつけたんでしょうか。

推測ですけどね・・・


店内は12~13席のカウンターのみですが、広めの造りなのでゆったり座れます。
厨房との仕切りは高くなく、それが広さを感じさせるのかもしれません。
麺屋○竹


壁にはこんなのも描かれています。
麺屋○竹


メニュー構成は、中華そば・背脂醤油・味噌そば・つけそばがベースになっていて
トッピングでバリエーションをつけています。

私が選んだのは背脂醤油
麺屋○竹 背脂醤油

まず目に飛び込んでくるのが、名前の入った海苔と分厚いチャーシュー。
このチャーシューは他では見ないほど厚みがあって、それでいてやわらかい。
そしてトッピングする前にバーナーで炙るので香ばしくておいしい♪

海苔の下にはメンマがたっぷり隠れています。


スープは店前の暖簾にも謳われているように魚だしがベース。
魚介系スープは、ややもするともの足りない感じのところが多いんですが、
ここのスープは、「うん、うまい」と思えるしっかりした味でした。

背脂醤油といっても、いわゆる京都ラーメンのそれほど背脂も多くなく
まったりした感じの背脂醤油ラーメンに仕上がっています。
麺も自家製麺のストレート、口当たりがよくスルスルっと喉を通っていきます。

隣で食べているオニーチャンの中華そばもうまそうだった・・・
次回はその中華そばを食べてみたい、と思っています。


ただ、営業時間が11時から16時まで、売切れ次第閉店ということなのでご注意を!
なぜかしら昼のみの営業で、夜間はやっていないようです。



店 名  麺屋○竹 (めんやまるたけ)
住 所  京都府京都市中京区竹屋町通堺町西入ル和久屋町101 e.ze御所南 1F
電 話  075-213-1567

上海紀行 - 2009.05.28 Thu

上海

時間を余すことなく有意義に巡った上海での2日間、

浦東国際空港のでかさに驚き、リニアモーターカーの速さに驚き、
上海の街の発展具合に驚いた幕開けでした。


今回は県事務所との交流・懇親、地元進出企業先の視察、
万博建設現場の視察諸々、上海の情勢の視察が主な目的。

郊外はまだまだ昔の中国の風情を残すところが多々ありますが、
上海中心部の都市化ときたら凄まじいものでした。

TOWN というイメージを持っていましたが、すっかり CITY 。

上海


発展途上の部分はあるものの、近代化したビルの建築ラッシュ、
来年の上海万博に向けての施設があちらこちらで進められています。

公共交通機関に至っては8路線が建設中とか。
そのうちの5路線は万博に間に合わせるべく工事が進捗されています。

リニアモーターカーも然り、万博会場へとアクセス~それ以上の延伸へと
着々と計画が進められています。

数年後にはますます都市化された上海の街へと発展していくんでしょうね。


多勢が自転車を並べて街を進んでいく・・・なんて情景はこれっぽっちも見られません。
自転車<原チャリ<自動車といった感じで、完全にクルマ社会。



うかうかしてると置いてかれるぞ、日本・・・

上海雑技団 - 2009.05.27 Wed

上海雑技団

上海の夜の娯楽、上海雑技団

中国のサーカスといわれるお家芸、雑技です。


コンデジ望遠撮影なので鮮明ではありませんが、ダイジェストでどうぞ!

上海雑技団

上海雑技団

上海雑技団

上海雑技団

上海雑技団

写真以外にも小技から大技まで、数々の雑技が繰り広げられました。


最後の演目、大きな鉄球の中をバイク5台が駆け回ります。
上海雑技団

上海にはいくつか劇場があって、それぞれに雑技団があるようです。

演ずる内容は基本的にはに通っていますが、個々に特色を持たせているようですよ。


写真をよく見るとわかりますが高所での演技はワイヤー(命綱)が張られていました。
安全面を考慮すれば仕方ないと思うけど、あからさまに見えていたので感動半減でした。


フィナーレの出演者のあいさつ
上海雑技団

米米CLUBのコンサートのフィナーレみたいだと思ったのは私だけでしょうか。(^^)

上海の夜 - 2009.05.26 Tue

上海夜

上海紀行、ツアーで用意された食事は観光客向けと思しきお店ばかりで、
はっきり言ってそれほど美味しいお店はありませんでした。

まぁそれなりにそれなりに・・・程度のお店ばっかりで。

露店で買った小鳥の丸揚げのほうがうまかったり・・・


それでは我々のお腹のムシが納得するはずはありません。

で、私たちのとった行動は、とりあえず現地の人と仲良くなって、
地元の人が食べに行く美味しいお店を紹介してもらいました。


そして四川料理のお店で食べたのがこんなの。
四川料理

ツアーの食事はなんだったのよ???
と思うぐらいむっちゃ美味しかった。
汗が噴き出すぐらい辛かったけど、それがまたやめられない。
クセになりそうです。


ビールはやっぱり青島(チンタオ)
青島 青島

味覚はいわゆる海外のビール、バドワイザーやハイネケンのような軽さです。
地元の方はクリアボトルのほうを好まれるようです。




さて、これは何だと思います?

水槽









大きな水槽に金魚が泳いでいますが・・・



























トイレ

男性用トイレでした。
金魚もええ迷惑でしょうね。(^^)



かと思えば違う店ではこんなトイレも・・・

kaiトイレ

だだっ広いスペースに便器がひとつ。
そのくせ手洗いは4つもあるんです。

もちろん個室ですよ。



おそるべし中国!!

田子坊 - 2009.05.25 Mon

田子坊

田子坊(デンシボウ)

ここ数年、発展著しいといわれている街、泰康路(タイカンルー)の下町エリアにあります。
生活感を感じさせるローカルな街並みから、路地を曲がって田子坊に入ると・・・

そこはアーティスティックな雰囲気満載の空間。
田子坊

田子坊



数年前に著名なアーティストたちが集まり、ギャラリーを創りはじめました。
その後、続々と世界中からアーティストたちが集まり、
デザインオフィスやアトリエなどを持つようになったそうです。

田子坊


今では多数のギャラリーやアートなショップ、雑貨屋、おしゃれなカフェでいっぱい。
上海でもとってもアツい街として名を馳せているようです。
田子坊
ひとつ路地を曲がれば狭い生活臭の漂う昔ながらの街並み。
背中合わせでアートなエリアが・・・

そんなギャップも楽しめるところでした。



そこで見つけたとあるカフェで小休止、
このカフェのボス(写真の彼)にいろんなことを教えてもらいました。

田子坊

とっても流暢な日本語を話されるので、どこで憶えたのか訪ねると、
「あ~、私は日本人なんですよ」・・・・・そりゃ流暢なはずだ。

彼曰く、上海に来て約一年、上海はとても住みやすい。
なぜなら生活の流れがいい加減ですごく楽チン。
対外関係で壁にあたっても、聞き流してうやむやにしていると事が収まる・・・そうです。


上海ってそんな街なのか???

朱家角 - 2009.05.24 Sun

朱家角(シュカカク)

朱家角


白壁と瓦屋根で造られた民家が建ち並ぶ、昔ながらの街

朱家角

一般の人が普通に生活する民家の集落でもあり、
裏には水郷が流れています。

朱家角

放生橋
朱家角



上海から車で約1時間のところにあるこの街、朱家角。

手漕ぎ船に乗って水郷観光です。

朱家角

朱家角
中央に流れる運河沿いに白壁・黒瓦の家並みが連なり、のどかな風景が楽しめます。

明・清の時代には水上交通による商業の中継地として栄えました。
その歴史は三国時代にまでさかのぼるそうです。

朱家角


街へ入ると狭い道の両側には商店が軒を連ねています。

朱家角

中国雑貨を売る店、漢方薬を売る店、亀を売る店、臭豆腐を売る店、中国野菜を売る店 etc
いろんなお店が狭い路地を埋め尽くしています。

朱家角

ここを歩いていると、古き良き中国にタイムスリップしたような感覚になります。
ものすごくゆっくり時が流れているような気にもなります。


中国的情緒豊かな情景をたっぷり満喫できるところでした。

朱家角


昨年秋まではここへ入るには入村料が必要だったみたいですよ。


ふくちあんラーメン - 2009.05.23 Sat

ちょっと上海ネタはおやすみです。


といっても中華ネタですが・・・

ふくちあん

先日のOASIS Roadster Meeting の帰り道、どこかで夕食を・・・ということで寄ったお店。

麺好きのメンバーが立ち寄るところといえばやっぱりラーメン屋
ということで福知山市にあるふくちあんラーメンへ~

実はこのお店、昨年の兵庫野瀬埠頭でのオフ会の帰りにも寄っているんです。

その時も同行していたtaka号夫妻がここを気に入られたそうで
この1年のうちに数回食べに来ているとか・・・

今回もtaka号の奥方の、たっての希望でこのお店になりました。


で、いつものようにいつもの調子でそれぞれにオーダー
ふくちあん

ふくちあん

そのうちのいくつかをご紹介


辛味噌ネギらーめん〈激辛〉
ふくちあん辛味噌ネギ
これを食するのはマーさん、彼は生粋の辛いもん好き。
その度合いといったら半端じゃありません。
うどんでもそばでも人が止めるまで一味を振り続けるというつわもの。

ちょっと味見をさせてもらいましたが、”辛い”というより”痛い”という味覚。
食べられないことはありませんが食べ終わる頃には口の中が大火事でしょう。

それをスープまで完食してしまう彼は・・・・・・・・・つわものです。
翌日の朝はお尻がとっても熱いとか、そりゃそうでしょ。(^^;



肉盛りらーめん
ふくちあん肉盛り
とろブタちゃーしゅーがたっぷり入ってます。
名前の通りで肉好きの方には堪らないかも。



黒旨シンプルらーめん
ふくちあん黒旨
あっさりとした中にも焦がしにんにく油の香ばしさがアクセントをつけているラーメン。
黒ゴマの風味もばっちりでウマウマ♪



豚骨ベースのラーメンで、コクのあるスープがお好みの方には特にオススメです。

このお店は替玉を注文できるんですが、その量が他店のそれより確実に多め。
通常は一人前より少なめのところが多いんですが、ここはラーメンもう一杯分あります。
替玉オーダー満腹確実!って感じです。


サイドメニューも豊富で、ギョーザに唐揚げ、ご飯ものに中華サラダetc 
いろんなものがあります。
店内も広くて家族連れでもOK!

ふくちあん



店 名  ふくちあんらーめん 福知山店
住 所  京都府福知山市天田西岡町107-1
電 話  0773-22-8741

上海森ビル - 2009.05.22 Fri

上海環球金融中心

上海環球金融中心(Shanghai World Financial Center)

森ビルが手掛ける地上101階、高さ492mの超高層ビル、上海の森ビルですね。
上海浦東新区・陸家嘴金融貿易区にあります。

六本木ヒルズの森ビルが238mなのでその倍以上、その桁外れの高さに驚きます。


頂部は栓抜きのような形をしていますが、その頂々部に展望台があります。
展望台

地上472m、100階にある展望台は世界最高所、
ここもまた観光客でいっぱい、エレベーターに乗るのにも時間がかかりました。
床面はシースルーになっているラインがあります。
高いところが苦手な方にはちょっと辛いかも。



さすがに眺めは抜群、遥か彼方まで見えそうです。

上海環球金融中心
しかし、悲しいかな温暖化の影響か、はたまたスモッグか・・・
空気が悪いので、けっして見晴らしはよくありません。

上海環球金融中心
近代化が進むのはいいけど、反面ちょっと・・・と思わざるを得ない一瞬でした。

492mを下から見上げるとこんな感じ。
上海環球金融中心


周りには高さを競うように近代高層ビルが乱立しています。
タワー群
そのせいで上海の不動産価は高騰しているとか・・・


もし将来経済が落ち込み、
これだけの数のオフィスの需要が見込まれなくなったらどうするんだろう?
ドバイのようになりゃしないのか??

なんて余計な心配をしてしまいます。
まぁ、発展が見込まれる中国の経済的・物流的中枢という立地なので大丈夫なんでしょうけど。



観光ばっかりしていたんじゃありません。
上海国際貿易センターには福井県の出先機関があります。
上海国際貿易中心

福井県上海事務所
県内の上海進出企業の産業支援などをしてくれる所。
福井県事務所
主な業務の内容は
 ・県内企業支援
 ・観光客誘致
 ・友好交流
 ・情報発信
 ・県人会事務
などがあります。

 
事務所内には県産品の数々が展示されていました。
福井県事務所

福井県事務所


福井県から派遣滞在しておられる所長に
上海の経済状況や県出企業の成果諸々、いろいろなご講話をいただきました。

経済不安の広がる今、上海も例外ではありませんが
ビジネスチャンスは無限大とか。

なにか一考の余地はありそう・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。