topimage

2008-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車がやってきた! - 2008.01.31 Thu

新車が納車されました。

SK35 (3)

SK35



こんなパッケージに入れられてやってきました。

SK35箱入り

(株)アガツマ製 DIAPET COLLECTION
KOBELCO SK35SR 1/21SCALEのミニチュアモデル

取引先の商社から戴きました。

このバックホウ、実物は3.5t の機械質量があります。
型式のSK35が3.5t を意味しています。
例えばSK60なら6t 、SK200なら20t 、という具合です。

コマツならPC,日立建機ならZX というふうに頭の型式は変わりますが。

SK35


バケットひとかきの容量が0.11m3、具体的には48cm角の正立方体ぐらいになります。

SK35 (4)

コックピットも細かいところまで再現されていて見ていても飽きません。

車のミニチュアもいいけど、こんなのも楽しいですよ。

(Photo : OLYMPUS E-510)
スポンサーサイト

懇話会 ~ という名の懇親会 - 2008.01.30 Wed

昨夜は地元税務署長を囲んでの懇話会がありました。

新春例会と名を打って毎年この時期に開催されてます。
今回は法人課税部門統括国税調査官も出席されました。

税務署は7月に人事異動があります。
今回の署長も昨年の異動で着任してこられた方で、面識はあったもののゆっくり話をするのは初めて。
この税務署長、前任では酒税部門を担当しておられ、日本酒のあれこれをご講話いただきました。
原材料・成分・特定名称・格付け名称・呼称・酒造用語etc
普段何気なく聞いていることを詳しく説明をうけると、なるほど納得することばかりです。


例えば原材料
日本酒には日本酒造りにには酒造好適米という酒造専用米品種があって、それには
  
  山田錦  
  五百万石
  美山錦
  雄町
  兵庫夢錦
  八反錦1号
  吟風
  華吹雪
  出羽燦々
  玉栄       などの品種があります。

これは作付面積トップ10の上位10品種で、ほかにもいろいろあるようです。
山田錦はよく耳にするけど、ほかのはあんまり聞きませんよね。
これらを知っている方はよほどのお酒通とか・・・


特定名称にいたっては

  吟醸酒
  大吟醸酒
  純米酒
  純米吟醸酒
  純米大吟醸酒
  特別純米酒
  本醸造酒
  特別本醸造酒     に分類されます。

これらは使用原料、精米歩合、香味等の条件によって特定されるようです。

説明を受けるたびにうなずいてました。
裏ラベルに書かれている内容の解釈のしかたなんかも教わりました。
裏ラベルを見てお酒を選定したほうがいい・・・とかね。


講話のあとはひざを突き合わせての懇親会。
おもしろいですよ、普段聞けない税務行政のウラ話なんかも聞けて。
個別にこそっと税務上の相談なんかもできるしね。
ほかの出席者との情報交換、異業種交流も有意義に。
約2時間の懇親会、和気あいあいと時間が流れます。
実はこっちがメインだったり・・・

お約束のコンパニオンもちゃんといましたよ。


その後は有志で2次会~3次会~
気がつきゃやっぱり二日酔い

今回もこいつのお世話になりました。
ウコン

ありがたやウコンの力!






きんき「道の駅」スタンプラリー - 2008.01.29 Tue

先日ご紹介した アップロードファイル きんき 「道の駅」 スタンプラリー

スタンプラリー

近畿の道の駅は現在97駅登録されています。

   その内訳は   
             大阪府     5駅
             福井県     8駅
             滋賀県    14駅
             京都府    12駅
             奈良県    12駅  
             兵庫県    29駅
             和歌山県   17駅    

                            となっています。


そのうちこのブログ上で紹介したのが10駅

             福井県     5駅
             滋賀県     4駅
             京都府     1駅


未だ10/97と、約1割の達成率。

平成22年の3月まで期間があるとはいえ、完走できるとかちと不安。


絶対達成しなければいけないというもんでもない
各地の銘産・特産を見れるのも楽しいし、ときには新しい発見もある。
あくまでものんびりと ”旅のおともに” 程度の感覚で・・・


それにしても、恐るべし兵庫県!
北から南まで、日本海側から瀬戸内まで、なんでこんなに多いのよ







 

2007年 ロードスター燃費集計 - 2008.01.28 Mon

 ロードスターの平成19年の燃費を計算してみました。
ロードスター
(H19.7.27 越前海岸 : LUMIX TZ-3)

納車が18年11月なので、それからのデータも含まれています。

給油日
走行距離
給油量
燃費
11月15日
443.5km
37.7L
11.76km/L
11月25日
465.6km
38.5L
12.09km/L
12月16日
499.8km
45.3L
11.03km/L
1月4日
415.9km
36.1L
11.53km/L
2月1日
515.0km
42.0L
12.26km/L
2月10日
371.0km
33.7L
11.01km/L
2月12日
415.1km
37.2L
11.16km/L
2月24日
417.4km
35.8L
11.66km/L
3月3日
264.3km
23.4L
11.29km/L
3月10日
531.0km
43.0L
12.35km/L
3月26日
302.0km
28.7L
10.52km/L
4月14日
503.3km
43.0L
11.70km/L
4月28日
262.7km
23.4L
11.23km/L
5月3日
428.7km
34.6L
12.39km/L
5月4日
126.7km
11.3L
11.21km/L
5月26日
424.5km
34.8L
12.20km/L
5月26日
453.9km
36.0L
12.61km/L
6月2日
539.2km
38.7L
13.93km/L
6月16日
446.7km
36.0L
12.41km/L
7月7日
435.5km
35.3L
12.34km/L
7月28日
461.3km
42.1L
10.96km/L
8月25日
422.0km
34.6L
12.20km/L
9月16日
497.2km
41.0L
12.13km/L
9月21日
453.1km
42.0L
10.79km/L
10月6日
508.6km
39.5L
12.88km/L
10月13日
483.0km
39.0L
12.38km/L
10月27日
536.0km
43.0L
12.47km/L
11月1日
259.7km
21.8L
11.91km/L
12月2日
500.6km
44.0L
11.38km/L
12,383.3km
1,041.5L
11.89km/L

 

 

と、こんな感じになりました。
あくまでも満タン法による計算なのでアバウトな面もありますが。

厳密には12月末までに+300kmほど走行していますが、
12月2日以降は給油していないのでここには含まれておりません。

約1年2ヶ月で走行12383.3km、1041.5Lの消費で燃費が11.89km/Lとなりました。
満タンで50L、てことは満タンなら500kmは楽に走れることがわかります。
といっても燃料計の警告灯が点灯しだすと、ちと不安になりますけどね。


個別に見ると、最高燃費は6月2日の13.93km/L
これは5月27日に開催されたロードスター『軽井沢ミーティング2007』に参加した時のもの。
軽井沢からの帰り道、のんびりエコランがよかったんでしょう。

最低は9月21日の10.79km/L、これは六甲を走ったあとのものでした。

その気でガンガン走った時とのんびり低燃費走行とでは約3km/Lの差が出ました。

まぁ、趣味の車なので仕方がないといえばそれまでですが、
この原油高の時代にはエコランを心掛けなければやってられません。
ロードスターの魅力が半減するかもしれませんけどね。

ハイオク仕様が追い討ちをかけている気も・・・・・

低気圧のわすれもの - 2008.01.27 Sun

一昨日の”爆弾低気圧”、強い寒気といっしょにやってきて
たくさんの雪を残していきました。

AM4:00雪景
(AM4:00)

大人な私はち~っともうれしくない!
日々の生活が不便極まりない

なんて怒っていても仕方ないんやけど、愚痴のひとつもいいたくなる。
これで完全にウチのロードスターも冬眠に入りました。
春の訪れを気長に待つことにします。



除雪業者の方々も、朝早くからご苦労でござる。
ブル


通学途中の子供たちも寒そうで・・・なんてこと思うのは大人だけで
当の本人たちは大喜びのようすですな。
通学

(Photo : LUMIX TZ-3)

雪景 ~ お色直し♪ - 2008.01.26 Sat

24日から25日にかけて日本海中部にある低気圧が急速に発達した影響で
大荒れの天気となりました。 ~爆弾低気圧とか・・・


24日の午前中はこんな感じだったのに

相生雪景


25日の朝には麓まで、すっかり雪化粧 

相生雪景



京都市内にも雪が積もり金閣寺も雪化粧、 なんてニュースでやってました。
黄金色の舎利殿が白い帽子をまとったような感じでしたね。

今回の低気圧、関西だけでなく関東あたりにも雪を降らせたようで。


今年も暖冬かと期待してたのに ・・・・・ あまかった

(Photo : LUMIX TZ-3)

道の駅 しんあさひ風車村 - 2008.01.25 Fri

風車村  風車村  

道の駅スタンプラリーシリーズ、今回は アップロードファイル 『道の駅 しんあさひ風車村』

滋賀県は高島市、琵琶湖湖西の湖岸道路を走っていると見えてくる風車が目印です。

風車村 

正面に見えてくるのはアイリスハウス
風車村 アイリスハウス

周りの田園風景にはちょっと不釣り合いな感がしないでもないんですが
ここにレストランやショップがあります。
お約束のソフトクリームもありますが、さすがに寒いのでパス。

ショップをのぞいてみます
風車村 アイリスハウス  

風車村 アイリスハウス 


地酒コーナーには風車村焼酎なんてのも
風車村 アイリスハウス  風車村 アイリスハウス 
 


駐車場のキャパは公称156台、ですが正面付近には30台ほどしか停められません。
この日は時期的なこともあり、お客さんもまばらだったので楽にとめられましたが
天気のいい日や行楽シーズンなんかはすぐに満車になります。

で、あとの百数十台のスペースはというと、菅沼を渡った横手の駐車場へ、となります。
昨春のツーリングでもその駐車場へ停めることを余儀なくされました。

風車村マップ


菅沼横のジャンボ風車
風車村

そこにはガチョウたちが
風車村 ガチョウ


Aflac (アフラック)のコマーシャルじゃありませんよ 

風車村 ガチョウ  風車村 ガチョウ  風車村




アイリスハウス裏手には芝生広場があります。
天気がいいと家族連れでいっぱい、子供たちが元気に遊ぶ姿が見られます。

ウチの子供たちの小さい時もよく遊びに来たもんです。

これは1号風車
風車村

2号風車
P1200376.jpg


春先に訪れると色とりどりの花が咲いていて、とてもキレイです。
桜の咲く頃がオススメかな。
菜の花畑もキレイだよ 

風車村

(Photo : OLYMPUS E-510)

天平 今津本店 - 2008.01.24 Thu

天平
 滋賀県今津町にある「天平」

 
 このお店はキムチを製造・販売している天平グループの経営で
 ここが今津本店。
 
 この店はちょっと変わっていて
 正面向かって右側が回転寿しの寿司屋さん、  
 左側が中華のお店になっています。

 すし屋と中華料理屋が同一店内にあるのってどうなんだろ?


天平

もちろんラーメンを食べるべく中華のほうへ

天平店内店内


オーダーしたのはタンタン麺
天平

タンタン麺のわりに辛味がきつくなく、すごくマイルドな味でした。
あっさり系タンタン麺って感じ。
辛いのが苦手な方、女性の方でもおいしくいただけるでしょう。

いつもならいきなりタンタン麺なんてオーダーしないんですが
麺類メニューにタンタン麺のほかはチャンポン、ねぎラーメン、ジャージャー麺、焼きそばしかないんです。
ラーメンの選択肢が少なすぎ! 中華一品料理はたくさんあったけど・・・

ラーメンを食べに行く店じゃありませんね。
多人数でわいわいと、あるいは家族で行くならいいでしょう。


天平グループには「ラーメン天平」というチェーンがあるんですが、
そのイメージで寄ったのがちょっと失敗でした。

いえいえ、決してラーメンが不味かったわけじゃないですからね。



店 名  天平 今津本店
住 所  滋賀県高島市今津町南新保371-1
電 話  0740-22-0028

琵琶湖畔 - 2008.01.23 Wed

ドライブの途中、琵琶湖畔に降り立ちました。

琵琶湖畔

小雨模様の天気だったので視界はよくありませんでしたが何気なく
琵琶湖畔


こんな立看板があり、ふと湖岸に目を向けると
琵琶湖畔 野鳥

無数のカモが水面に
琵琶湖畔 カモ

写真以外にも数え切れないぐらいいました。

この日のレンズではこれで精一杯
望遠があるといいなぁ・・・なんて思いました。
(70-300mmかぁ!?)

こうしてレンズ沼にはまっていくんだろうな~

(OLYMPUS E-510 ZUIKO DIGITAL ED40-150mm F4.0-5.6)

近江聖人 中江藤樹 - 2008.01.22 Tue

昨日の『道の駅 藤樹の里あどがわ』で、その名前の由来が気になり
近くに中江藤樹(とうじゅ)所縁の藤樹神社があることを知り、行ってみました。


日本の陽明学の始祖とされる中江藤樹は、慶長13年近江国小川村(滋賀県高島市)に生まれます。

9歳のときに米子の加藤貞泰の家臣であった祖父・中江吉長の養子となりました。
その後伊予の大洲に移住、15歳のときに祖父の没後の家禄を継ぎ大洲藩士となります。

27歳で、故郷の病弱の母を心配し、職を辞して小川村に帰郷。
その後、母に仕えながら居宅に私塾を開き、武士や近隣の庶民に「良知の学」
良知心学をおしひろめました。

居宅に藤の老樹があったことから『藤樹先生』と呼ばれたそうです。
41歳で没後、その遺徳をたたえて『近江聖人』と称されています。


道の駅から琵琶湖方面に車を走らせること約3分
中江藤樹を祀った藤樹神社があります。(大正11年創建)
藤樹神社

入り口の社標は杉浦重剛、第一鳥居は東郷平八郎によって書かれています。

藤樹神社

藤樹神社

この裏手に回って参拝
藤樹神社

藤樹神社

御守やお札、絵馬などが販売されているんですが、社務所もなにもありません。
それなりに大きな神社なんだけど・・・

藤樹神社

どうしてるんだろ・・・って思い、よく見たら「代金は賽銭箱に・・・」
上方には監視カメラもありましたよ。 


敷地内には 「近江聖人中江藤樹記念館」 があります。
藤樹記念館

中江藤樹に関する資料の展示、陽明学を中心とした図書の閲覧ができるほか
安曇川町の歴史と文化に関する資料も展示されています。


道の駅の敷地内にはこんな銅像があります。
藤樹の里 

『藤樹先生孝養像』とよばれていますが
母の手にできたあかぎれを心配するあまり、それによく効く塗り薬を持って
ひとり大洲から帰ってきたときの様子です。

これを見るだけでも藤樹の親を思う心の優しさ・その人柄が偲ばれます。
私も若い頃に母を病気で亡くしているので、その心境がよく解かりジ~ンときました。

(Photo : LUMIX TZ-3)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。