topimage

2007-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久田の里森林公園 - 2007.11.28 Wed

久田の里

ちょっとしたキャンプ場を備えた森林公園


久田の里

ちょっとした、って言っても普通のテントなら30張り~ぐらいは楽に設営できる広さです。


遊具施設もあって
久田の里広場

芝生も青々と
久田の里広場

って、季節外れの写真は夏の終りのモノですがご了承のほど・・・


この森林公園、緊急時以外は自動車の進入が不可となっています。
川向いの交流センターのある駐車場に車を停めて橋を渡ります。


これが交流センター。
急な雷雨のときなんかに非難できます。シャワーなんかもあったり。
久田の里交流センター

駐車場からのアプローチ
久田の里アプローチ

この橋を渡ると公園に入れます
久田の里 橋

夏にはこの橋の下で鮎と一緒に泳げます。

冒頭の案内図を見るとわかりますが、森林浴のできる遊歩道もあります。
バードウォッチングやトレッキングなんかにいいでしょう。
ただし、今の時期だといのししウォッチングと野生鹿ウォッチングになりがちなので注意が必要。


簡単な炊事場やトイレも完備
久田の里炊事場

久田の里トイレ

キャンプに不慣れな人でも大丈夫。


最近はキャンプ場に行くと何でも揃ってますから便利なもんです。
本来のキャンプとは少しばか違うような気もしますけどね。
時代の流れでしょう。


毎年、このあたりの子ども会はここでキャンプをしています。
小さい子供たちがいるときにはとても使いやすい公園です。
BBQをして川で泳いで山歩きを楽しんで、ってね。



実はこの公園一帯、うちの会社が施工したので想い入れがあるんですね~。
今回は公園内にあるこの橋を施工しました。
久田の里木橋


スポンサーサイト

国宝 明通寺 - 2007.11.27 Tue

昨日に続いて歴史探訪!  『明通寺』

明通寺山門

福井県小浜市に位置し、先日の神宮寺から車で10分程度のところにあります。
真言宗御室派、京都は仁和寺の系統ですね。


最初に、よく手入れされた庭園が出迎えてくれます。
明通寺前庭

山門は階段の上
明通寺山門


拝観料400円を支払って進むと参道が二本あります。
明通寺参道

この写真を見ていると、行く道、帰り道に区別されているように見えますが、決まりは無いみたいです。
参道先の階段を上がると本堂があります。
明通寺本堂

明通寺本堂

その奥には三重塔も見えますが、福井県で唯一国宝に指定されているのが、ここの本堂と三重塔。

この明通寺、806年に時の征夷大将軍坂上田村麻呂公が蝦夷征伐に際して創建したと伝えられています。

入母屋造、檜皮葺きの本堂内では拝観者が訪れる都度、住職が説明をして下さいます。
明通寺本堂

ここには木造薬師如来像を中心に、右に木造深沙大将立像、左に木像造降三世明王立像が置かれ、ほかに木像不動明立像があります。
いずれも平安後期のもので重用文化財となっています。

深沙大将というのは、いわゆる西遊記の沙悟浄のモデルで、彫像としては日本に三体しかないそうですよ。


ひと通り住職の説明を受け、三重塔へ

明通寺三重塔
三重塔の詳しい説明はココ↑
明通寺三重塔

初層内部には釈迦三尊像と阿弥陀三尊像が安置されています。

角度を変えて
明通寺三重塔
礎石束石ともに自然石が使われ、古来の建築技法のすばらしさが見て取れます。
近代建築もいいけどやっぱり日本人、心が和みます。



本堂の前からみた帰り道方向
明通寺山景

天気の加減でくすんでいますが、山々も色付いてきれいです。

明通寺もみじ



雰囲気は変わりますが、帰り道にはお茶室もありました。
明通寺茶室

お水送りの寺 若狭神宮寺 - 2007.11.26 Mon

この神宮寺、奈良東大寺の二月堂のお水取りに先掛けて、毎年3月2日に行われるお水送り神事が有名です。

若狭遠敷を生誕の地とする東大寺の開祖・良弁僧正は、二月堂を創建して修二会を始め、全国の神々を招待しすべての神々が参列されたのに、遠敷明神だけが約束の期日に10日遅れて参列。そのお侘びとして若狭から二月堂の本尊へのお香水(こうずい)を送る約束したのが始まりとされます。


境内にあるこの井戸から汲んだお香水は遠敷川の鵜の瀬まで運ばれて流され、10日後に東大寺に届くとされています。

神宮寺井戸 
神宮寺井戸

内部にある閼伽井戸。ここからお香水が湧いている。
神宮寺井戸



神宮寺より約1kmほど遠敷川をさかのぼった所にある鵜の瀬
鵜の瀬

毎年、ここから二月堂の若狭井に向かって、お香水が送られます。

神宮寺鵜の瀬

若狭井の水源がこの鵜の瀬で、水中洞窟で繋がっているといわれています。
それがこのあたり。

神宮寺鵜の瀬



その昔から現在に至るまで続けられてきた二月堂の修二会と、それに深く繋がっている若狭神宮寺。 

かつて若狭・小浜から奈良へと伝えられた大陸文化や歴史の足跡がみてとれ、奈良と若狭が昔から深い関係にあったことを物語る歴史的な伝統行事を大切に継承していって欲しいと思います。

紅葉探訪 若狭神宮寺 - 2007.11.25 Sun

紅葉を探して若狭神宮寺へ行きました。

神宮寺仁王門

神宮寺仁王門 神宮寺仁王門

仁王門をくぐり参道を通り山門を抜けて
神宮寺入口

境内にでると本堂があります。
室町時代に建立され、単層入母屋造り、檜皮葺和様を主体に天竺様繰形、唐様束梁などの手法が用いられています。
神宮寺本堂

ここはお寺でありながら注連縄がはってあります。
元は神願寺といい、その昔この地方を拓き国造りをした遠敷明神を迎え神仏両道の道場とされたことから、若狭彦神社の別当寺となって神宮寺になりました。
最盛時には二十五の寺坊が立ち並んだそうですが、豊臣政権時代の寺領没収、明治時代の廃仏毀釈などを経て衰微したようです。

本堂内部は撮影が禁じられていて、この格子の奥に本尊薬師如来、千手観世音菩薩が祀られています。

神宮寺本堂内部



境内の木々もほどよく色づき、ここへやってきた甲斐がありました。
神宮寺境内

本堂の横庭も苔むしていい感じ

神宮寺紅葉

神宮寺紅葉


横にはお茶室
神宮寺茶室

神宮寺茶室

境内からの山門
神宮寺山門

今年は暖かくて紅葉も遅かったようですが、なかなかいい感じです。
本堂の横には大銀杏の木があるんですが、そいつは残念ながらほとんど落葉した後でした。


この神宮寺は、奈良は東大寺の二月堂へのお水送り神事で有名ですよね。
その詳細は続編で・・・

道の駅 河野 - 2007.11.24 Sat

道の駅 河野 

アップロードファイル 『道の駅 河野』
福井県南越前町、R8号線沿いにあります。

道の駅 河野

敦賀市よりR8号を北上し約20分のところに位置します。

このあたりも平成の大合併で町名が変わりました。
元は駅名にもあるように「河野村」といいましたが、今は「南越前町」になります。
福井県には他にも「越前市」や「越前町」が生まれ未だにピンと来ません。
あまりに安直に『越前』の冠を使いすぎているんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?


話題がそれましたが、地名が表しているようにここは越前海岸に面しています。
道の駅 河野

駐車場のキャパは約30台とそんなに広くはありませんが
道の駅 河野


標高200mに位置するこの道の駅からは日本海が一望できます。

道の駅 河野

天気のいいときはすばらしい眺めが楽しめます。


駅舎内には休憩所、セルフの軽食コーナー、物産販売所があります。
道の駅 河野


北陸自動車道が開通するまでは北陸地方を縦断するメイン道路でしたが、今では昔ほどの
交通量はありません。
夜間はトラックが多いですけどね。


でも、天気のいい日なんかは景色を楽しみながらのんびり走るのもいいかも♪

道の駅 河野


今日、明日なんかはアクティブハウス越前『越前かにまつり』が開催されています。
(道の駅より車で約15分)
市価の2~3割引でカニが買えますよ。

有害獣駆除! - 2007.11.22 Thu

先日こんなのが獲れました。

しし

いのししです。

今月の15日に狩猟が解禁になりました。
コイツは仕掛けたわなにかかったヤツです。

いえ、私じゃありませんよ。
うちの会社に趣味で狩猟をする人がいるんです。

体調約1メートル、体重15~16貫(約65kg)の雄の成獣です。
わなにかかったヤツを猟銃でドン! ですわ。

水につけて血抜きをし、内臓を取り除きます。

しし


なかなかこんなん見る機会がないでしょうけど、見たくない方は目をつぶって読んで下さいな。
あるいは理科室の標本だと思ってもらうかね。




で、次に皮を剥くとこうなります。

皮むき

ますます標本みたいでしょ


明日はコイツをばらして肉をロールして塊にして冷凍保存で完了。
あとは食べたいときに解凍して鍋なり焼肉なりにへんし~ん・・・です。

一般的にはボタン鍋が知られていますが、私は塩コショーで焼肉!が好きです。
牛や豚に比べると少しくさみがありますが美味しいっすよ♪


こうやって書くと残酷に思う方がいるかも知れませんが、農作物を作っている方には
天敵なんですね。
土地を荒らす、作物を食い散らかす、とやり放題!
ほかにも鹿や猿など、その対策が大変。
だから有害獣駆除なんです。


3枚目の写真の頬のあたりに銃で仕留めた跡があるのが解かります?

冬将軍到来! - 2007.11.20 Tue

最近めっきり寒くなってきたなぁ~ って思いません?

山


昨日の朝、山の方を見ると山肌に白いものがチラホラ。

初雪でした。
つらい季節の到来です。

私は夏人間で冬は嫌いです。
なぜかって!?



寒いからです。

スキーなんかしてるときはナンにも思わないんですけどね。
普段の生活では暖かいほうが断然いい!
雪の積もらない地域にお住まいの方には理解しかねると思いますけど。
生活はぐ~んと不便になりますから。


雪が降ったら屋根も開けられませんからね!



先日、ブログでちょこっとご紹介した場所です。

五波

さすがに標高600m、積雪5cmってとこです。
もちろんタイヤはノーマル、車体を滑らせながらここまで登ってきたけど、まさかこんなにあるとは思ってなかった。
例年より1ヶ月ほど早いかな。


念のために言っておきますが、山雪で里にはまだありませんよ。

今年は紅葉しきらないままこんな状態
ビレッジライン


昨シーズンは暖冬で積雪量も少なく、降雪地帯でありながら十分オープンライフを楽しめました。
今年の冬はどうなんだろ!?


松山散策 - 2007.11.18 Sun

城下地図

松山城をあとにして市内を散策。
景観を考えて整備されたきれいな街並みがあちこちに見られます。
ロープーウェイ通り


市内を走るのは日本では数少なくなった路面電車
旧型路面電車
これは旧型で、最新型はこんなの
路面電車

でも松山といえばやっぱり坊ちゃん列車坊ちゃん電車

ほかの車両より乗車賃が200エン高いようです。
趣きがありますね。
現在の車両はディーゼルエンジンで、煙突から出ているのは蒸気を煙に見たてたものだそうです。
環境にも配慮してますね。

ほかにも市内を走るマドンナバスなんてのもありました。
マドンナバス



松山といえば道後温泉
道後温泉
道後温泉

なんか「湯ばぁば」がでてきそうな佇まい。
時間の都合で入館はできませんでしたが、神の湯、霊の湯、外湯に椿の湯、放生湯という足湯があるようです。
次に来る機会があったら温泉情緒にどっぷり浸りたいと思いました。


今年の4月にオープンした坂の上の雲ミュージアム
坂の上の曇

松山の街全体を屋根のない博物館とするフィールドミュージアム構想の中核施設で、松山出身の秋山好古・真之兄弟、正岡子規の3人の足跡やその時代の流れや、街づくりなどに関する情報などが紹介されています。
司馬遼太郎著の『坂の上の雲』が2009年からドラマで放映されるそうで、今秋からロケが始まるようです。


松山市街地にある伊丹十三記念館。
伊丹十三

伊丹十三の生き様や人生観、作品に対する想いが見てとれます。
中中
中

それより気になったのが、コレ
ロールスロールス

ベントレー、しかもコンバーチブル。
ロールス

車好きで知られた彼が最後に所有していたのがコイツだそうです。


鯛めし・たこめし・あなごめし、いわずと知れたじゃこ天などなど・・・美味しいものもたくさんあり、まだまだ時間をかけて廻ると見どころいっぱいの松山ですが、今回はここまで。
帰りは高速を飛ばし、瀬戸大橋をわたって帰路につきました。
北備讃瀬戸大橋
岩黒島橋



松山城 - 2007.11.17 Sat

姫路城、和歌山城と並ぶ日本三大連立式平山城の松山城
天守

連立式とは天守閣にニ基以上の小天守閣がつき、連結しているものをいいます。


『松山や秋より高き天主閣』 と正岡子規が詠んだ松山城。
加藤嘉明が築城した当初は天守は白壁五層だったのを、三代目城主松平定行が三層に改築したそうです。
天守

話では幕府に遠慮して高さを下げたんじゃないかとも言われているみたい。ホントかな?


松山城は勝山という山の上に築城されていて、徒歩で登るかロープウェイを使わなければ行けません。
(一般車はアクセス不可)

大人な私たちはもちろんココから
乗り場

天気もいいのでリフトであがります。(往復500円)
ロープウェイ


松山という名前は、ここの勝山に神社があったため勝山とするには恐れ多いので
幕府の松平家の「松」を頂いて松山にした、といわれているそうです。

もしかすると愛媛県勝山市・・・となっていたかもしれないですね。


追手門跡横から太鼓櫓を見上げながら進みます。
ロープウェイ

この付近の石積みは打込み接ぎといい、石の隙間に詰石を打込んでいる。
どこのお城を見ても思うのだが、重機も何もない時代にこれだけのものをどうやって施工したのか不思議に思う。


筒井門
筒井門

一ノ門前から天守を望む
一の門前

北隅櫓
北隅櫓


小天守より一ノ門
一の門

一ノ門南櫓
一の門南櫓


二ノ門南櫓
二の門南櫓

天守を囲む建造物の石積は切込み接ぎ。
石と石の隙間をなくした精度の高い技術力がうかがえます。


天守閣に入り
刀かぶと

外を眺めると見事なぐらい360°パノラマの城下町松山がひらけます。

丘陵に築かれ周囲に平地を取り入れた平山城ならではの眺望。
城下
城下
城下
城下

松山市内はもちろん、道後温泉街や、遠くは瀬戸内海まで見渡せるのには驚きました。
こりゃお殿さん、毎日退屈せんわ! ってね。
当時の城主はこの景色を眺めながら何を思っていたんだろう?

これらのほかにも重要文化財の建造物がたくさんありました。

帰りももちろん大人なロープウェイ
ロープウェイ


歩いて登っても10分ほどなので、天気のいい日には徒歩もいいかも。



愛媛県は松山へ - 2007.11.15 Thu

先週末、ある会合に出席するために松山へ行ってきました。
松山県民会館

今回の相棒はコイツ
アルファ

今回の同行者は私を含めて5人、早朝に出発。
この日は舞鶴若狭道~明石海峡大橋~鳴門~徳島上陸~徳島道~松山道を経て松山へ。

小浜市を出た後、とりあえず淡路SAで休憩。
天気もよくて絶好のドライブ日和です。
明石海峡大橋

時間に余裕もあるし、重たいアルファードなのでのんびりドライブ。 
ドライバーはもちろん私。

鳴門大橋

いつもなら瀬戸大橋を渡るんだけど、四国三郎「吉野川」と平行する徳島道を走ってみたい
という同行者の意見でこのルートをチョイス。

写真はありませんがすごく雄大な吉野川。
早明浦ダムや祖谷渓、可動式河口堰建設問題のあった第十堰と見所がたくさんありそう。
時間をかけてゆっくり回ってみたいところだ。


行程約450kmを経て松山市内、愛媛県民文化会館に到着
愛媛県民会館

既に多数の参加者が来場しているようで、会場前には物産展も開催されている
物産展


受付を済ませ、会場内へ
会場


オープニングイベントとして夏井いつき氏の基調講演。
夏井いつき

彼女は松山出身の俳人で、俳句集団「いつき組」の組長として全国の小中学高校生を対象とした「句会ライブ」という俳句教室開催しているほか、俳句甲子園なども参画されている。
この日も俳句への親しみやすいアプローチの仕方などを、面白おかしく話されていた。

続いて宮本信子氏のジャズコンサート
宮本信子

いわずと知れた故伊丹十三氏の奥方である。


地元のナンとか太鼓(名前忘れた)の演奏に続いてオープニングセレモニー
オープニング

開会式

ご来賓の紹介・祝辞から始まるんですが、内容はつまんないので割愛します。


コレは今回のシンボルマーク、キャンドルでデコレートしてありました。
シンボル



さて、その後は懇親会に移行するするんですが、今回のゲストは嘉門達夫 
(これはリハーサルの様子)
嘉門達夫

宴が始まり
懇親会

約1時間のライブも大盛況
『ちゃらり~ん、ハナから牛乳~』ってね♪
懇親会


そのあとは松山の夜の街へ流れていくのでした。

夜街

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。