topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリップまつり de ツーリング - 2012.04.29 Sun

GW2日目、今日も朝から日本晴れ♪

こんな日は家にこもってるのももったいないってことで、
チューリップまつりを見に行くことに。

集うはいつもの仲良し4人組 
ツー

眠い目こすりつつ、兵庫県但東町目指して Let's go!
しかし朝から暑いんだわ・・・(--;
ツー


で、会場へ到着。
但東チューリップまつり
チューリップ
正確には臨時駐車場へ誘導されて~シャトルバスで会場へ向かわなきゃいけない。

昨年は会場入りした日には花が咲いてなかったけど、
今年はもうすでに満開な状況。

今年のチューリップアートは元気ダルマ。
チューリップ
昨年来、いろいろと大変な事象が多く起こった日本に向けての元気ダルマ。
ファイトと笑顔でっていう意味でのデザインらしい。

なかなかいいもんだ。


花が完全開花状態で、会期末の連休終盤までもたないかもしれないな。(^^;
チューリップ



会場入りする前にはこんな所へちょっと寄り道。
但熊

朝ごはんをここで戴く♪
但熊

通常の開店時間より少し早めに行ったけど、すでに営業が始まってた。
20分待ちで入れたけど、うちらが出る頃には2時間待ちになってた。

おそるべしTKG 。
但熊


チューリップ祭の会場を後にして向かったのはこんなとこ。
出石


出石といえばもちろんこれ
皿そば

これ、お昼ごはんね♪

通常5皿に2皿サービスで7皿いただいた。

これ実はお得なようだけど・・・・・手打ちじゃないんだな。
あるところで聞いたら、手打ちだとコストがかかってるからそんなサービスは出来ないって。
そのぶん手打ちは美味しいからって。

でも手打ちじゃないからって、まずいわけじゃない。

食い気で量を優先させるか、風味と味を優先させるか・・・
ん~、悩ましい。。。


そんなツーリングな一日やった。(^^)
スポンサーサイト

お花見ツーリング - 2011.04.20 Wed

さて、日曜日のハナシを少し・・・


絶好の好天に恵まれたこの日、予てからお誘いを受けていたツーリングに参加してきました。

この日は朝から地元の奉仕作業があってしっかりそれにも参加、
ちょっとスタート時間の遅いツーリングになりました。

お花見ツー


小浜からちょびっとだけ舞鶴若狭道を走り舞鶴へ、なんせ通行料無料ですからね。
そこからは一般道へ~  目指すは兵庫県の但東町。

お花見ツー


でもせっかくのツーリング、急ぐことはありません。
オープンエアーを楽しみながらのんびりと♪

で、途中休憩をこんなところでとりました。

お花見ツー加悦SL広場


加悦SL広場
SL

              SL
特段、SLに興味があったわけでもないんですけど、トイレ休憩ってことで。(^^)


ここで参加車両のご紹介                    
お花見ツー加悦SL広場

右からNA、NB、FC、NA、NCね。


さて、この日の目的地はここでした。
チューリップまつり

但東町で毎年開催されている「たんとうチューリップまつり」

花見は花見でも今回はチューリップでした。
4月15日から26日の12日間の開催ということで満開のチューリップを楽しみに・・・

チューリップまつり



のはずが、今年長く続いた低気温のために開花ががっつり遅れているようでした。(><)

ほとんどが こんな状態・・・

チューリップまつり


毎回チューリップを用いたフラワーアートが施されてます。
今年のモチーフは「ペコちゃん」
ペコちゃん


でも花が咲き揃わずに この有様。 トホホ
チューリップまつり

辛うじてリボンと舌とオーバーオールの赤色がわかる程度でした。

会期末ぐらいが見頃かもしれないな。

チューリップまつり



ペコちゃんは見れなくてもそれはそれ、ツーリングの楽しみがありますから。

気を取り直して次へ向かいます。

お花見ツー


但東町といえばここは外せません。

但熊

              但熊


但熊・・・TKGね。

でもすんごい数のお客さん。
昼食をグッと我慢して時間をずらし、混む時間を避けて・・・行ったのに1時間半待ちとのこと。

それでも我慢して、ダベりながら時間を潰してありついたのがコレね。

卵かけご飯定食(大盛り)450円
但熊

小鉢に卵を割り入れて
但熊

ごはんを入れてササッといただきましょう。
但熊

ん~、至福のひとときです♪

日本人に生まれてよかった~・・・って気分になれますな。(^^)


満腹中枢を満足させた後は帰途に向けてツーリング、

ちなみに道中どこも桜は満開でした。
桜


帰る途中には綾部で温泉にも立ち寄りました。
綾部温泉


ん~、幸せ幸せ♪

ちょいと寒かったけど充実した一日でありました。



(4月17日・兵庫県但東町にて)

ツーリング ~ トラブリング - 2009.10.28 Wed

4人組

早々にのほほん会場を後にした仲良し4人組


同行していたレディのたっての希望で次に向かったのは
三井アウトレットパーク・ジャズドリーム長島

OUTLET

    OUTLET

        OUTLET

ランチとショッピングを満喫して帰途につきました。


帰りは同じルートで帰ってもつまんない &
新名神を走ったことがないメンバーがいたので新名神ルートをチョイス
新名神

このルートのトンネルは広くて明るくて、トンネルのくせに開放的で
走っていてもむっちゃ気持ちいい♪

新名神から名神へ~そして瀬田東で下りて草津へ向かいました。


どこへって?
そりゃもちろんラーメン を食べるためですよ。

私の旅がラーメン抜きなんて考えられませんからね。(^^ゞ



草津駅を通り抜け、もうあと数十メートルで現着というところで後ろのiku号からコール。

トランシーバーの向こうから「あかん、水温計が・・・」って。

オーバーヒートです。


クルマを停めるとエンジンルーム下から水漏れ、アスファルトが水浸し・・・

とりあえずクールダウン、水温の下がるのを待ちました。


しかしまだここから自宅まで100㌔弱、
水温が下がっても原因が解らないまま乗って帰るにはリスクが大き過ぎます。


大事をとって京滋マツダに修理を依頼することにしました。

幸いなことにすぐ近くの京滋マツダ瀬田店がiku号行きつけのお店とか。
連絡を取ると快く引き受けてくれました。

京滋マツダ


で、この有様・・・
搬送

    搬送

        搬送

NA

しばらく入院と相成りました。
結局はファンが回っていなかったとか。
交換修理で無事復活できるようです♪


往路は4台6人、帰路は3台6人、すったもんだのツーリングでした。



えっ、ラーメンはどうしたかって?
もちろん食べましたよ・・・搬送車待ちの間にね。

のほほ~ん - 2009.10.26 Mon

昨日の日曜日、いつもの4人組が早朝に集まりました。

朝


1台はトラックの陰にかくれて見えんけど・・・


向かうは岐阜県、のほほんMTGの会場へ


一行は木之本インターから自動車道にON~
そして大垣インターを目指します。


北陸道を爆走中のtaka号
taka


それを追従するshibata号
shibata

アングルがおかしいのはご愛嬌
同時運転一眼片手撮りの成せるワザで。(^^ゞ


それをまた追いかけるiku号
iku

このクルマが後に・・・・・



仲良し四人組でランデブー
3dai



で、到着したのが

ほののん

こんなとこでした。



決して出し惜しみをするわけじゃないんですが、
ひじょーに忙しくって今日はここまで・・・


Road to OASIS - 2009.05.11 Mon

兵庫県三木市、グリーンピア三木で毎年この時期に開催される
OASIS Roadster Meeting

今年もいつものメンバーで参加しました。


いつもなら峠越えで兵庫県へと向かうんですが、
今回はETC休日特別割引を有意義に使って、高速道路を利用します。


今回はメンバーそれぞれの都合で、待ち合わせ場所がまちまち。


まずは舞鶴若狭道・小浜西IC近くのローソンで私を含め3台が待ち合わせ予定。
現着すると、いつもはちょっぴりのんびりなtaka号が一番乗りしてました。(驚)

その後、待てど暮らせどもう1台のS田クンがやってこない・・・
ありゃりゃ~と思い連絡をとると、案の定寝坊してた。。。

うちのメンバー、寝坊すること日常茶飯事。
なので後追いするように伝え、置いてけぼりで出発です。



しばしのあいだ、taka号とツルんでランデブー
オアシス道中

そして最初のパーキングでiku号&マーさんと合流
オアシス道中

オアシス道中


綾部パーキングではせとか♂さんと合流。
彼は前日の若狭路巡りのあと舞鶴で宿泊されたので、ここで落ち合いました。

半分写っているのはせとか♂号
オアシス道中
(後方目くら撮りのため半分しか写ってませんでした。><)


途中、西紀サービスエリアで休憩~
オアシス道中

ここで寝坊のS田号が到着、無事合流することができました。


朝の時間帯にもかかわらず、SA内には車が多く結構な賑わいでした。
いつになく観光バスが多いのも目につきました。


そこからは一気に三木東ICへ~そして会場を目指します。
OASIS2009


いつもなら会場前のこのあたりから渋滞しているんですが、
今回は思ったよりスムーズに進みます???
オアシス道中

何のことはない、着いた頃にはすでにこんな状態・・・
オアシス

クルマを誘導された場所も最後列に近い場所でした。

と思うと、例年通り峠越え一般道を走ったほうが速いのかもしれない・・・
サービスエリアで時間を潰しすぎたかな。




さあ、OASIS Roadster Meeting の始まりです!



                             つづく・・・・・

桜吹雪ツーリング - 2009.04.14 Tue

花見ツー

桜最盛の日曜日、いつもの3台が集まりました。

お花見ツーリングの始まりです。


いつものようにいつもの場所へ集合、簡単にお昼を済ませ滋賀県へ向かいました。

花見ツー



最初に目指したところはココ
メタセコ

新緑前のメタセコイア並木

ここは四季を通じていろんな姿を見せてくれます。
葉っぱのない並木もまたオツなもの。。。

あとひと月もすれば青々とした新芽を付けて、また違った姿を見せてくれるでしょう。


そう、ここはマキノピックランド
ピックランド

ここへ来ればやっぱりジェラートは外せません。
ジェラート ジェラート

左からミルク、抹茶、ブルーベリー、バニラ・・・
ここのジェラートは、甘すぎずあとくちもサッパリしていてむっちゃ美味しい。



ジェラートとメタセコイアを満喫した後は奥琵琶湖へとクルマを走らせます。

奥琵琶湖

途中、湖岸でのワンショット
奥琵琶湖

対岸から望む海津大崎の桜並木
海津大崎

海津大崎は桜の名所として名高いところ。

ホントならここへ行けるといいんですが、悲しいかな休日は一般車両通行止め。
シャトルバスで行かなければならないんですよ。

まさに桜のトンネル状態の並木が続き、
オープン気分を最高に満喫できるロケーションなんですが・・・

そのシャトルバスもいっぱいのようでした。
あるいは対岸からの遊覧船で、湖上からの花見も乙かもしれない。

なんて思いながらクルマを走らせていました。



半ば渋滞気味の奥琵琶湖パークウェイを進みます。

いつもなら「しんきくさ~」 なんて思うんですが、この日ばかりは別、
そのトロトロのんびり走行が桜を眺めるのにジャストでした。

奥琵琶湖

つづら尾崎展望台からの眺望
奥琵琶湖より
ここも四季を通じていろんな表情を見せてくれますね。


桜吹雪にはちと早かったツーリング、
それでもいく先々で満開の桜を堪能できました。
シルエット


実はこのあと、安曇川の風車村まで湖西を流す予定だったんですが、
行楽の帰省客で南進方向がすっごい渋滞。

帰路に着くにはそのルートか、一旦北上して敦賀周りで帰るルートの2本。

乾坤一擲、敦賀周りのルートを走ることにしました。
それが大正解! ほぼ渋滞もなくスムーズに帰れましたョ。


風車村近辺の桜が見れなかったのが残念でしたけど・・・
(2009,4,12 奥琵琶湖にて)

冬眠解禁ツーリング - 2009.03.20 Fri

道の駅名田庄

春の兆しが見え隠れしはじめた休日に、いつものメンバーが集まりました。

冬眠明けのツーリングです。



道の駅 名田庄に集合して目指すは京都方面

奇しくもこの日集まった3台は全てブラック、類は友を呼ぶのでしょうか・・・



FD3Cカブを先頭にスタートです。

ツー



途中からNAと隊列を入れ替わり写真撮影

ツー

と思いきやNAだけが幌を開けていない

よくよく考えてみれば、なるほど・・・
ナビシートの奥方が花粉症だそうな。納得!



しばらく走っているとビンテージな車たちとすれ違います。

ビンテージ

ビンテージ

ビンテージ

ビンテージ

名前も知らない車たちがいっぱいいました。

どこかで旧車オフでもやっていたのかな?
ジャガーEタイプが実走しているのを初めて見た!


旧車といえば、毎年4月に丹波でクラッシックカーフェスティバルが開催されてますね。



さて、京都市内で昼食を済ませ、時間をもてあましている我々は神戸へ向かいます。

休日割引を使って名神をひとっ飛び~
名神


ここではこんな車とも出くわしました。
スーパー7
ケーターハム スーパー7



途中、吹田SAで愛車たちにも食事を与え
吹田SA


神戸市内をブラブラしました。


帰りはもちろん六甲越え

六甲


表六甲、裏六甲と楽しんで、おまけに夜景も満喫して帰りました。


待ちわびた春の到来・・・次のツーリングが楽しみです。

のほほんな一日 - 2008.11.17 Mon

のほほん朝

11月16日は第4回のほほんミーティング。
それに参加すべく有志5台が早朝に集合・・・のはずが1台が寝坊で遅刻。

途中合流することを確認して、とりあえず出発!
NA3台・NB1台・NC1台、都合8人で木曽三川公園を目指します。




途中こんなとこへ寄り道したり・・・
のほほんメタセコ

滋賀県マキノ町のメタセコイア並木
のほほんメタセコ
ちょっぴり紅葉を期待していったんですが、まだ少し早かったようです。
一部のしか色変わりしていませんでした。


雨のメタセコイアを後にして、さらに東進、北陸道・木之本ICから名神へ~


途中、養老SAで女性ドライバーのために小休止。
のほほん養老
左からNC-jimmy.号、NB-shibata号、紺NA-hashi号、1台飛ばして黒NA-taka号
あれっ! 白NA-iku号が見当たらない・・・


クルマ談議で盛り上がりつつ、ついついこんなモノをパクついてしまいます。
おなじみ「たこ天」・・・これがまた美味しくて♪
のほほんたこ天


そんなこんなで順調に進み、ミーティング会場に到着!
あいにくの雨空でしたが、既に多数のロド乗りが集まっていました。
のほほん

この日もたくさんのロドオーナーに出逢えました。



あの人やらこの人やらとハナシに華を咲かせつつ、少し早めのお昼をここで
のほほん昼
公園内にあるMamaz Cafe


ここには展望タワーが併設されています。(入館料600円)
のほほん展望タワー
フトコロの寂しい私たちはJAFの会員割引を利用してリーズナブルに入れていただきました。


その展望タワーからの眺め

下に見えるのは三川公園
のほほん展望タワー

こちらは伊勢湾方面
のほほん展望タワー

のほほん会場
のほほん
参加台数、約150台といったところでしょうか。

いやはや、なかなか爽快な眺めでした。

のほほん展望タワー

その後は再び会場に戻り、のほほ~んとすごしました。
のほほん
じゃんけん大会ではそれなりに小物が当たったりして、楽しいひとときでした。
(ホントはmomoのステアリングが欲しかったんですけど・・・)

「R&S誌の表紙に愛車と登場権」なんていう商品もあり、
ラスト2人まで残ったんですが、あえなく撃沈してしまったり・・・



ミーティングが終了する頃には雨も上がり、
帰りは待望のオープンツーリング♪

とか言いながら、今回は走行中の写真を撮るのを忘れてました。



帰路は高速を使わず、のほほんと一般道を走ります。

ここは道の駅『伊吹の里』、トイレ休憩です。
のほほん伊吹の里

頂に雲をかぶる伊吹山をバックに・・・
のほほん伊吹の里
明後日あたりに寒波が来る予報・・・この伊吹山も冠雪するんでしょうね~



そろそろお腹も空いてきていたので、ここで夕食の相談。


参加メンバー多数の意見で「おいしいラーメンを」ということで(決して私の主張ではありませんョ)
立ち寄ったのは長浜市の来来亭
長浜来来亭


こってりの背脂多め・ネギ多め
長浜来来亭

久々の来来亭で美味しくいただきました。
麺がやわらかかったのがちょっと気になりましたけど。


ミーティングに満足し、お腹の虫も満足したあとも
のほほ~~んとツーリングを楽しみました。

嵐山ツーリング - 2008.09.30 Tue

前日のBBQオフのときに,酔った勢いで 『嵐山へツーリング』 って話が盛り上がりました。


さっそく翌日、前夜の興奮も冷めやらぬまま周山街道向けてしゅっぱ~つ!

嵐山ツー


参加車はFC-マー号、NA-iku号、NC-jimmy.号の3台で、都合総勢5人。

嵐山ツー


FCのナビ席にはNAレストア中のT君、NAナビはT君の彼女のS嬢です。
嵐山ツー



40分ほど走り、レディのために旧京北町で小休憩
嵐山ツー京北


嵐山ツー京北 嵐山ツー京北 嵐山ツー京北 嵐山ツー京北 




しばし休憩ののち再出発、ここからは走行順を入れ替えます。


ここは途中の栗尾峠
嵐山ツー 栗尾峠

NAオーナーながら、まだナンバーが取得できていないT君&S嬢。
まだオープンドライブの経験が少ないようで、爽快感を楽しんでました。





小一時間で嵐山・高尾パークウェイに到着、通行料金1150円をゲートで支払います。
でもちょっとお高い料金設定ですねぇ・・・・・

嵐山パークウェイ

嵐山パークウェイ


どこで見たのか、iku嬢がここのフラワーパークでコスモス園が開催中って情報を仕入れてきてたので
とりあえずコスモスを見に行きました。

嵐山パークウェイ コスモス

残念ながら満開ではありませんでした。
時期が早かったのか遅かったのか・・・

嵐山パークウェイ コスモス

しばしの散策のあと、再びクルマに乗り込みます。

嵐山パークウェイ


途中の展望台からの京都市内の眺め
嵐山パークウェイ


続いて保津峡展望台へ
保津峡


そこからの保津峡の眺望
嵐山パークウェイ


保津川下りの船が見えますね~
嵐山パークウェイ保津峡





心配していた天候も大きく崩れることはなく、(ときどきパラパラとしましたが)
クリンクリンと楽しんできました。

晴れていればもっと眺めがよかったやろなって思います。


割と身近なとこにありながら、初めて通った嵐山・高尾パークウェイ。
なかなかいいトコやけど、やっぱり思うに距離の割には通行料が高いような気がする。

この半分くらいならもっとお客さんも増えるだろうにね・・・

自分的 Road To OASIS - 2008.05.18 Sun

road to oasis


昨年はソロでの参加だった OASIS Roadster Meeting

今年はロド乗りの知人も増え、4台での参加となりました。


写真左から、白NA-iku号、白NB-S号、黒NA-taka号、黒NC-jimmy.号


taka号はこの日のために補修、板金、全塗装して仕上げてきた代物です。
前日からの雨で空模様はブルーでも気持ちはルンルン♪


グリーンピア三木めざして6時半にしゅっぱ~つ!

の予定がマーさんのトランシーバーの調子がよくないわ、バッテリーがおかしいわ・・・
(車の後方で1人離れてトランシーバーと孤軍奮闘中のマーさん!!)

問題解決して出発したのは結局7時前でした


ルートはいつもの園部~篠山の山越えルート
路面がウェットなのでほどほどに安全運転で


それでも吉川あたりからは路面も乾いてきました。

road to oasis



ほどなくグリーンピアに到着

ゲートをくぐり、入場待ちの列に加わります。

road to oasis


偶然、お友達のRosoさんとブリスターさんのRHTが前方に

road to oasis


愛車たちは途中までの雨中走行でドロだらけになりましたが
何事も無く無事到着、前述のようにイベントを楽しみました。

OASIS



午後3時にOASISもフィナーレを迎え、我々は帰路ツーリングへと向かいます。


帰りのルートは普段あまり通らない道を・・・
ということで三木市を後にしてR175号を北上しました。

下道ツーリングの始まりです。


今回、iku号オーナーのiku嬢が、道の駅スタンプラリーにエントリーされたということで
まず最初に立ち寄ったのが

アップロードファイル 道の駅 『北はりまエコミュージアム』
road to oasis

加古川沿いにある道の駅です。

road to oasis

road to oasis

road to oasis

ここは「北はりま田園空間博物館(地域まるごと博物館)」の南の玄関口となっているそうです。

1市1町の広い北はりま地域をつなぐ全長168kmの「日本一長い散歩道」
なんてプランもあるようですよ。
いやいや、誰がそんなに歩くのよ! って思いましたけど。



こっちはレストラン 「たにし」
road to oasis

road to oasis

なにやら美味しそうなメニューがたくさんありましたが、夕食にはちと早いのでパス



ここへ来るまでの信号待ちではぐれてしまったiku号とtaka号が遅れて到着
road to oasis

road to oasis


road to oasis




レストランの横手に回ると、芝生広場が設けられています。

road to oasis

横を流れるのが加古川

road to oasis


road to oasis

カモとしばらく戯れてここを後にします。

道の駅 スタンプラリー  クリア数 48/97




しばらく加古川沿いに北上を続け、次の休憩ポイントは
道の駅 『丹波おばあちゃんの里』

ジェラート&トイレ休憩です。

road to oasis


ここは先日レポしたので割愛します。



日が落ちてきて気温も下ってきましたが、やっぱりオープンは気持ちいい!

road to oasis



このあと福知山で夕食をとり、綾部経由~京都府道1号線で福井県入りしました。

この府道1号線、結構なワインディングでアップダウンもあり、そこそこ楽しめるルートなんです。



交通量も少なく対向車もあまり無い。

先頭を走る私は常に安全運転・・・・・のつもりでしたが
後続車につつかれ、徐々にヒートアップ!

バトルと化してしまいました。




いやいや、決して無茶な運転はしていないっすよ。
女性ドライバーもいてますからね。

そこそこにワインディングを楽しむドライブで♪



てな具合に朝から夜まで楽しい1日でした。

UDONツーリング~満足編 - 2008.04.30 Wed

UDONオフ GT

ゴールドタワーに5台が参集
左から大西洋の白鳥号・ちゅうにっち号・ほうせい号・ブリスター号・マイロド


ここからは、このあと訪れるうどん屋さんの駐車場のキャパやUDON巡りの効率性を勘案して
5人3台で動くことになりました。


置いてきぼりを食らったのが、ウチのNCとブリスターさんちのNC
あとのお三方は現地の方、私たち2人は他国人ということで必然的に。

私はほうせい号のナビシート、ブリスターさんは白鳥号のナビシートにお世話になりました。


おかげで私にとって至福の1日になりました。
ロドに乗っけてもらって、うどん巡りに連れてってもらって、おいしいうどんをたらふく戴いて・・・
と、なんだか至れり尽くせり♪


途中、讃岐富士の雄姿を眺めたりしながらのうどん巡り

UDONオフ 讃岐富士

四国にはこういった孤立したかたちの丘状の山が多いですね。


途中のうどん巡りの模様は一昨日のブログでどうぞ♪




腹の虫の欲望を満たしたところで、次は香川の車好きフリークの憩いの場(らしいです)
五色台スカイラインへ案内してもらいました。

UDONオフ 五色台


展望台から瀬戸大橋を望みます。

UDONオフ 五色台パラ

視界がよくなくてはっきりとは見えませんでした。

山の上にカモメが飛んでるな~
なんて思いながらよく見ると、パラグライダーでした。
五色台はパラグライダーのメッカでもあるそうですね。

UDONオフ 五色台


しばらく休暇村讃岐五色台の喫茶室でダベリング&ティータイム
慌ただしくうどん巡りをしていたので、ここでゆっくり話しに華が咲きました。

UDONオフ 五色台



ブリスターさんの帰りの徳島からのフェリーの時間が迫ってきたので
とりあえず、ここで解散となりました。

ブリスターさんは徳島へ向けてすっとんで行きました。
大西洋の白鳥さんには選りすぐったお店を案内して頂いて、大変お世話になりました。



私は途中までほうせいさんとランデブー

UDONオフ 帰路


五色台を下りているときにはちゅうにっちさんもご一緒してたんですが
途中の信号ではぐれてしまいました。

ちゅうにっちさんも1日お付き合い頂いて、ありがとうございました。




UDONオフ 津田の松原

ほうせいさんとは、ここ津田の松原SAで別れました。

彼はここからのんびりと、私は高松道をひた走ります。
なんせ遠いもんですから、福井県。


大鳴門橋
UDONオフ 大鳴門橋夜


淡路SA
UDONオフ 淡路SA夜


明石海峡大橋
UDONオフ 淡路大橋夜


と、夜の帳が降りた風景を満喫しながら家路につきました。

わが家到着が22時30分、6時30分に出発したので約16時間のうどん巡りとなりました。
走行距離が695km、楽しいツーリングでした。


それでも日中はナビシートに乗っけてもらってたので、
自走してると+100kmぐらいは行ってたかなぁ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

jimmy.

Author:jimmy.
ロードスターと写真で綴る
日々徒然日記

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

GW予約応援キャンペーン 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。